無料の会員登録をすると
お気に入りができます

新生活を気持ちよくスタートするために!失敗しない部屋探し10のポイント

ライフスタイル

失敗しないコツは?

5. 入居と退去の回転率をチェックする

www.pexels.com

もし気になる物件があったら、不動産会社に「入居、退去の回転率はどの程度なのか?」を質問してみましょう。あまりにもサイクルが早い場合には、何か問題が隠れていることもあります。

6. 不動産会社は数店舗まわる

www.pexels.com

不動産会社によっては自社取扱物件があり、前に行った不動産会社とは違う物件がでてきた!ということも多いようです。また、数店舗行く事によって、それだけ多くの物件や付近の情報を得ることができます。

7. 内見は昼間に

www.pexels.com

光の差し込み具合や日当たりを確認するためにも、なるべく明るい昼間に内見にいくのがおすすめです。日当たりだけでなく、実際に窓を開けてみて、風通しや騒音などもチェックしましょう。

8. 出来るだけ同じ日に複数の物件をまとめて内見する

引っ越し先が今住んでいる場所の遠方の場合は、なるべく同じ日に内見するのが効率が良いでしょう。複数の物件を別の日に下見すると、前回見た物件の印象が薄れて比較しづらくなることも懸念されます。

9. 地上階の物件は避ける

1階の物件はバルコニーがある所もあり、家賃も最上階に比べて比較的安く設定されている場合も多く魅力的!ですが、安全面においてはしっかりと確認が必要。カーテンを閉めても外部から中の様子が見えてしまうこともあります。立地や防犯面も考慮して。

10. 自炊派ならプロパンガスの部屋は避ける

www.pexels.com

プロパンガスは都市ガスに比べて価格単価が高く、プロパンガス料金消費者協会によると、地域によって異なりますが、料金差は1.1~2.23倍あるそうです。自炊の頻度が高い人は、都市ガスを選ぶほうが堅実です。

生活の基盤となる部屋は吟味を

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

新居は新しい生活の基盤を整えるべく、大切な場所。だからこそ、手を抜かずに選びたいところですよね!お部屋探しのコツを押さえて、素敵な新居を見つけてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ