無料の会員登録をすると
お気に入りができます

時間がなくてもサクッと読みたい!オススメ名作短編集9選

本が読みたくても、毎日が忙しくて本を手に取る暇がない!という方は意外と多いはず。そんな時にはスキマ時間にサクッと読み切れる短編小説がオススメです。今回はオススメの短編集を9選ご紹介していきます。

2018年2月
カルチャー

本は読みたいけれど、最近時間がない…

そんな人には短編小説がオススメ!

本は元々好きだけれど、仕事や日常に追われて手に取る機会が少なくなっている方は意外と多いのでは? 短編小説なら移動時間やちょっとした合間に1篇ずつ読んでいけるので、読み始めやすく、途中で挫折してしまうことも防げます!

じっくりと物語に浸れる長編小説もいいですが、同じ時間でよりたくさんの物語に触れられるのも短編小説の魅力のひとつなんです。今回はオススメの短編集9選をご紹介します。

①恩田陸『図書室の海』

『蜂蜜と遠雷』で2度目の本屋大賞と直木賞の2冠を達成した恩田陸さんの短編集。彼女の独特な世界観と美しい文章が凝縮された珠玉の10篇です。

www.amazon.co.jp

このうち3篇は他の恩田作品の関連作や布石となる物語が含まれているので、恩田ファンの方なら必見です。また、様々なテイストの作品が集められていて、初めての人にも恩田陸さんの世界観を垣間見るのにはちょうど良い1冊となっています。

②深緑野分『オーブランの少女』

2016年このミス第2位にランクイン、直木賞受賞候補になるなど話題を読んだ『戦場のコックたち』の著者、深緑野分さんの短編集です。表題作「オーブランの少女」はデビュー作なのですが、そうは思えないクオリティ。

www.amazon.co.jp

表題作「オーブランの少女」をはじめ、収録されている5篇は全て“少女”にまつわる謎が描かれています。また、ミステリーものには珍しく、ファンタジックな要素も散りばめられていて、幻想的な雰囲気に浸れるのも魅力のひとつです。

③奥田英朗『イン・ザ・プール』

奥田英朗さんは2004年に『空中ブランコ』で直木賞を受賞されています。『イン・ザ・プール』はその前作に当たる作品。この2冊と『町長選挙』を合わせた3冊が「精神科医・伊良部シリーズ」と呼ばれる三部作なのですが、全てが一話完結型の短編で構成されています。

www.amazon.co.jp

常識外れで奇天烈な人物ながらもどこか憎めない精神科医・伊良部が、彼のもとに通うクセの強い患者たちを、一見はちゃめちゃな方法で解決していきます。医療モノながらも小難しい話は登場せず、コメディ感覚でサクサク読めてしまうのもポイント。

④桜庭一樹『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』

直木賞受賞作家でもある桜庭一樹は、一作一作ごとに変幻自在の文体を駆使しつつ、独特の設定や言葉選びが光っていて、どこか浮世離れした雰囲気に溢れる作品を数多く発表しています。

www.amazon.co.jp
記事に関するお問い合わせ