無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アーユルヴェーダに学ぶ。極上の美をつくる“朝の過ごし方”

美を作る朝の過ごし方をアーユルヴェーダの視点からご紹介していきます。インド・スリランカ発祥の伝統医療、アーユルヴェーダは、長谷川潤さんや吉川ひなのさんといった美しくてヘルシーな女性も取り入れているもの。習慣を見直すことで美しい心とカラダを手に入れましょう!

2018年2月
美容

ヘルシー美人をつくる「アーユルヴェーダ」

アーユルヴェーダという言葉を耳にしたことはありますか?インドに伝わる伝統的な伝統医療のことで病気を予防しつつ、心とカラダを健康にすることを目指すものです。

WHO(世界保健機構)が予防医学として認めた伝統医学!近年注目されるようになった「白湯」や「瞑想」もアーユルヴェーダに基づくものなんです。

アーユルヴェーダには、美と健康を作る道筋だけではなく、健やかで幸せな人生を送るためのヒントがたくさん詰まっているのです。

美しい人は始めてる♡

長谷川潤さん、吉川ひなのさんといったヘルシー美人な芸能人の多くも、食事法や生活習慣などにアーユルヴェーダの考え方を取り入れています。

ここでは、アーユルヴェーダの視点から理想的な朝時間の過ごし方をご紹介していきます。1日の始まりである朝の行動を変えるだけで、毎日が健やかになりますよ。

アーユルヴェーダ式!朝の過ごし方

1.日の出前に起床する

日の出前に起きるのが、アーユルヴェーダのすすめ。時間帯によって変わる心とカラダの性質から、導びきだされています。

夏は5時半~6時、冬は6時~6時半頃に目覚めるようにしましょう。早起きを習慣にすることで、身体の調子が良くなることはもちろん、心にも余裕が生まれます。

2.ベッドでゆったりカラダを観察

目覚めたらすぐに動き出さずに、まずはベッドの中で一呼吸。軽く手足を動かしたり、のびをしたりしながら、その日の身体の状態を観察してみましょう。

身体は疲れていないか、お腹は空いているか、しっかり身体に耳を傾けてみて。それによって朝食の内容も調整できます。特に冬は、急に起き上がると血圧や脈拍にも悪影響があるのでゆっくり起きましょう。

3.窓を開け新鮮な空気を吸う

ベッドから起き上がったら、窓を開けてお部屋の空気を入れ替えましょう。朝の空気には良いエネルギーがたっぷり!深呼吸をして、身体の中にも取り入れてください。

朝の光を浴びることで体内時計が整い、夜も自然と眠くなるように。質の良い眠りに繋がりますよ♡

4.歯磨き&舌磨き

アーユルヴェーダにおいては、起きたての舌につく「舌苔(ぜったい)」は体内の老廃物の表れだとされています。実際に、寝起きの口の中には雑菌がたくさん潜んでいます。

飲み物や食べ物を口にする前に、歯磨きに加え、舌を磨きを行いましょう。口臭予防にもなりますよ!歯ブラシだと毒素をおしこんでしまうことになるので、専用のグッズを使用するのがおすすめです。

やさしい舌ブラシ (やわらかタイプ)

BUTLER(バトラー)

¥ 324

柔らかいラバーで舌の汚れをしっかり除去してくれます。清潔を保つために、定期的に取り換えましょう。

商品詳細
やさしい舌ブラシ (やわらかタイプ)
www.amazon.co.jp
商品詳細

5.白湯を1杯飲む

口の中が清潔になったら白湯を1杯飲みましょう。体が芯から温まり、排泄も促されます。急がずにゆっくり飲むようにしましょう。空腹も落ち着いてきますよ。

味に飽きてしまうという方は、レモンや少量のはちみつを加えてもOKです。スパイスを加えればダイエット効果も期待できます♡

最強の1杯!“スパイス白湯”が体内デトックスに良いらしい♡

デトックスに良いとされる白湯ですが、今スパイスを加えた最強の白湯が注目を集めています。身体がすぐにポカポカになると評判。ダイエット効果も期待できます。作り方はとっても簡単です!身体の中から美しい女性を目指すなら、ぜひ一度試してみてください。
3848

6.トイレの時間を作る

白湯によって腸が動き出したタイミングでトイレの時間をとりましょう。アーユルヴェーダでは、朝の早い時間が特に排泄に適した時間だとされています。

朝食よりも前なのがポイントです!老廃物が溜まったままさらに食べ物を入れてしまうと、排泄がうまくいかなくなってしまうためです。始めは出なくても、習慣にして身体に覚えさせることが大切です。

7.ヨガや軽いストレッチ

10分程度でもよいので、ヨガや軽いストレッチで身体を温めましょう。激しい運動は必要ありません。軽い散歩に出かけても良いですね。

朝の運動には代謝アップ、気持ちのリフレッシュ、集中力を高めるといった効果があります。その日の身体の状態を知るためにも大切なことです。

8.軽めの朝食をとる

前述したとおり、アーユルヴェーダでは朝は排出の時間。お腹がいっぱいになるまで食べる必要はありません。温かいスープや旬のフルーツ、スムージー、ヨーグルト、おかゆなどがおすすめです。

よく噛んでゆっくり食べることも大事。朝食をたくさん食べるのが習慣になっている方は、急に変化をつけず、徐々に量を減らしていってみましょう。

元気に行ってらっしゃい♡

これで朝のTODOは完了です。心もカラダもすっきりして1日前向きに過ごすことができますよ。笑顔でいってらっしゃい♡

朝を変えれば、あなたはもっと輝ける♡

いかがでしたか?アーユルヴェーダを取り入れれば、内側から美を磨くことができます。気持ちの良い変化にも気が付くはずです。まずはできることからでも始めてみましょう♡

記事に関するお問い合わせ