無料の会員登録をすると
お気に入りができます

不妊治療「患者思い」のクリニック探すポイントを解説

子育て

不妊治療には思った以上にお金と時間がかかります。
患者さんのお金と時間を大切に考えてくれるクリニックという点も、選ぶときの指標の一つになりそうです。
今回は「不妊治療クリニックを探すポイント」について、妊活コーチの松本亜樹子さんに最新情報とともにアドバイスしてもらいました。

「令和ニューノーマル版 不妊治療クリニック 選び方&心得ガイド」 #2
※参考:「妊活たまごクラブ 不妊治療クリニック受診ガイド 2020-2021年版」

通いやすいってどういうこと?不妊治療クリニックの選び方

料金体系がわかりやすいと安心できる

検査や治療にどのくらいの費用がかかるのかわからないということは、不安だと思いますが、きちんとした医療機関では、必ず料金についての説明があります。納得して治療を受けられるという意味でも、実際にいくらかかるのかを明確に答えてくれる施設であることは、クリニック選びの大事なポイントです。

不妊治療はほとんどが保険が効かない自由診療のため、料金体系は施設によって異なります。施設によっては治療費の一覧表を提示してくれるところもあります。それでも、一覧表を見てもよくわからなかったら、「自分が受ける検査(治療)は、全額でいくらくらいかかりますか」と聞いてみるといいでしょう。

およその相場として、初診では血液検査、超音波検査(しないことも)、子宮卵管造影検査などで1〜2万円くらいです。なんらかの疾患があり、保険でカバーできる部分があると、少し安くなることもあります。

初めから数十万円もかかることはありませんが、治療ステップが進むと治療費が高額になることがあります。そのときも、治療をどこまで進めるのか、医師と相談し、その都度カップルで納得して決めましょう。

「いくらかかりますか?」と聞いてOK!

治療を進めていくと、次のステップに進むときに必ず「この治療を受けますか?どうしますか?」と聞かれます。そのときに、「料金はいくらかかりますか?」とはっきり聞いてOKです。医師に尋ねられると治療内容についてだけ理解を求められているかのように思えてしまいますが、お金のことまで納得して治療を受けることが大切です。

土日や早朝・夜間の診療があると仕事との両立もラク

不妊治療は、卵胞の成長をモニタリングしたり、投薬の時間が決められたりで、平日・休日を問わずに指定された日時に受診しなくてはならないことが多いものです。しかも、そのタイミングがいつなのか、直前にならないとわからず、予定が立てにくいものです。また、薬の副作用による体調不良も起こることがあります。

こうしたことから、仕事と不妊治療との両立は、非常に困難だと、たくさんの仲間が実感しています。初めのうちは、まわりに言わずに有給休暇を使ってなんとかしていても、長引くとそれも難しくなります。

仕事と両立しながら通院しやすい時間設定にしているか、ということは、病院の患者さんへの「姿勢」でもあります。たとえば、早朝の出勤前、あるいは仕事の帰りに行ける夜間の時間帯、また土日の対応など、柔軟かどうかというところもチェックしましょう。

診療時間の自由度が高いほうが、働きながら妊活中の人にとってだけでなく、卵胞を育てるための注射や、採卵をよりベストなタイミングで行うためにも、妊娠するチャンスも高くなるといえるでしょう。

仕事との両立で悩んでいるのはあなただけじゃない!

治療していることはプライベートなことなので、言いだしづらい職場環境もあるかもしれませんが、せめて仕事で直接かかわる人、上司、同僚の中でもキーパーソンだと思う人には打ち明けてみましょう。

話を切りだしづらいと思っても、話してみた結果、実は上司も治療の経験があった、別の同僚が治療していた、といったことから、理解者がいて協力してくれたというケースもあります。勇気を出して話してみて!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ