無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラさんこそ試して!水回りをキレイに保つ超簡単なコツ♡

ライフスタイル

水回りこそ、見て見ぬ振りはダメ!

キッチン、バスや洗面所、トイレ等の水回りは、いつの間にか水垢などの汚れも溜まりやすい場所です。つい見て見ぬ振りをしたくなってしまいますが、放置すれば汚れはあっという間にひどくなってしまいます。

そう、水回りこそ、汚れを見なかったことにしてはいけない場所なのです。また、衛生面から言っても常に清潔に保ちたいもの。そこで、水回りを清潔に保つ超簡単なコツを紹介します。

これをマスターすれば、水回りはいつもピカピカで気持ちの良い空間になりますよ。ズボラだという自覚がある人こそ、ぜひ試してみてくださいね。

キッチン

三角コーナーやプラトレイは使用しない

三角コーナーは、どんなに気を付けていてもゴミと水分からぬめりが発生してしまいます。その都度完璧に洗える人は良いですが、出来ていないと感じたら思い切って撤去しましょう。それだけで見た目が随分スッキリします。

調理中の食材のゴミをこまめにその都度捨てる癖がつくので、キッチンのシンク内はとても清潔になります。その流れで排水口も毎日キレイにする習慣が付けられますので、汚れやニオイの発生がグンと少なくなるのです。

また、洗剤やスポンジを置く水切りトレイは、プラスチック製だとぬめりやカビが発生しやすくなります。100均にもステンレス製はありますから、買い換えるのがおすすめです。汚れる面積が少なく、毎日サッと流すだけで衛生的ですよ。

見せる収納はほどほどに

キッチンでの見せる収納はとても素敵ですが、その分汚れが溜まってしまいやすいものです。特にコンロ周りは要注意。油が飛び散り、ほこりを巻き込んでベタベタに汚れてしまいます。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

こうなると、容器は洗剤でひとつひとつ洗い流さなければキレイになりません。そしてつい面倒になって放置すると、おしゃれな見せる収納とは程遠くなってしまいます。コンロ周りは最小限の物だけ置くようにしましょう。

コンロ以外の調理スペースなども、物をなるべく置かないようにしておけば、サッと拭くのが楽になります。布巾をこまめに洗う自信がない人は、キッチンペーパーやウェットティッシュがおすすめ。布巾より楽ちんで衛生的です。

記事に関するお問い合わせ