無料の会員登録をすると
お気に入りができます

部位で味が違う?長ネギの5つの切り方をマスター![冷凍方法付き]

レシピ

和食から中華まで、いろいろな切り方でレシピに登場する「長ネギ」。実は部位によって味が違うのをご存じですか?今回は長ネギの5つの切り方や、切り方別のおすすめ料理をご紹介します。便利な冷凍保存の方法も要チェック!

donguri

▶作り方

1~2cmの厚みで斜めに切り分ける

Photo by donguri

切った長ネギは冷凍保存!

いろいろな料理に使える長ネギは、常にお家に備えておきたいもの。冷蔵では1週間ほどの日持ちですが、冷凍を取り入れればさらに長く保存することができます。値段の上下が激しいので、冷凍方法を覚えておくと買い置きにも役立ちますよ♪

使用用途が決まっている場合は、好きな切り方をして、空気を抜くようにして密封袋に入れて保存しましょう。水分があると凍って固まってしまうので、キッチンペーパーで水気をとってから冷凍するのがポイント。

何に使うかわからない場合は、大きめのぶつ切りにして冷凍するのがおすすめです。切り方に関係なく、どれも1ヶ月ほど冷凍保存できます。

長ネギをおいしくフル活用♪

Photo by donguri

料理によっていろいろな切り方がある長ネギですが、鍋には斜め切り、焼き魚には白髪ネギなど、それぞれ理にかなったものを選んでいることが分かりましたね。

和食や中華などたくさんの料理に使われる長ネギなので、部位によって味が変わることや、切り方のコツを覚えておくとさまざまなシーンで役立ちます。しっかりと切り方をマスターして、長ネギをおいしく活用しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ