無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「むぅ、デキる…」と思わせるおもてなし!「スペアリブとかぶのパエリャ」

レシピ

スペイン料理の1つである「パエリャ」は、米に肉・魚貝類、野菜などの具材を加えて作る炊き込みご飯。本場では底が浅く平べったい「パエリア鍋」で作りますが、フライパンでも簡単に調理できます。

今回は、サフランを使ったちょっぴり本格的な「スペアリブとかぶのパエリャ」をご紹介。うまみの詰まった骨つき肉を入れて炊き込むので、シンプルな具材のみでもじゅうぶんおいしく仕上げられます。またミニトマトの赤やサフランの黄色が映え、見た目もとっても華やか。持ち寄りパーティーやおもてなし料理としてぜひ活用してみましょう。

スペアリブとかぶのパエリャ(403Kcal、塩分1.2g)

【材料・26cmのフライパン1個分・4~6人分】

豚スペアリブ 300g、かぶ 小2~3個、にんにくのみじん切り 2片分、玉ねぎ薄切り 1/2個、ホールトマト缶 大さじ2、ミニトマト 8個、レモンの輪切り 適宜、米 2カップ(400ml)、サフラン 小さじ1/4弱、パプリカ 小さじ1、固形スープの素 2個、塩、こしょう、オリーブ油

【下ごしらえ】

1. サフランは湯約1カップにつけて、1時間以上おき、色を出す。

【作り方】

1. スペアリブは塩、こしょう各少々をふる。かぶは茎を1.5cm残して葉を切り落とし、八つ割りにする。

2. フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、スペアリブとにんにくを入れて焼き、焼き色がついたらスペアリブを取り出す。

3. 2のフライパンに玉ねぎを入れて弱火で炒め、しんなりしたらホールトマトを加える。パプリカをふって混ぜ、サフランを水ごと加え、水2カップとスープの素を砕いて加える。沸騰したら中火にし、米とかぶを入れ、木べらで混ぜながら2~3分煮る。

4. スペアリブを戻し入れ、ミニトマトも入れてふたをし、約15分煮て、火を止めて約10分蒸らす。レモンを添え、好みでイタリアンパセリを散らしても。

※かぶ以外に、グリーンアスパラガスやカリフラワー、にんにくの茎などでも。スペアリブ以外に、とりもも肉でも。

サフランに含まれる色素成分は水溶性なので、事前にしっかり水に浸しておきます。カレーなどで使われる色がそっくりなスパイス「ターメリック」と混同されがちですが、香りや風味はまったくの別物。購入の際は間違わないよう気をつけてくださいね。

詳しいレシピはこちら!

スペアリブとかぶのパエリャ
簡単パエリャ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ