無料の会員登録をすると
お気に入りができます

服をふんわり香らせて♡「柔軟剤が長く香る」洗濯のやり方

ふんわりと柔軟剤が香る服を着ていると「良い香りだな」と思われるはず。そんな風に柔軟剤が長く香るために大切なのは、洗濯の仕方でした。

ライフスタイル

柔軟剤って良い香り♡

洗濯の仕方で良い香りが長持ち

ふんわり香る洋服を身にまとうと、ステキな香りで心地よくなれますよね。そんな洋服に香りをつけてくれるのが柔軟剤です。

我が家のお洗濯は柔軟剤もアロマジュエルもレノア オードリュクス♡
・
・
もう香りが好き過ぎてオードリュクス イノセント以外使えない😍😍😍
・
・
アロマジュエルはスプーン付きのキャニスターに入れ替えてラベル貼って使ってます♡
・
・
キャニスターと柔軟剤は楽天roomに載せてます♡
・
・
詳しくはblogに書いてます♡
・
・
blogと楽天roomはTOPのURLから飛べます😊
・
・
#オードリュクス#レノア#柔軟剤#洗濯#ボトル#詰め替えボトル#キャニスター#ラベル#モノトーンインテリア#グレーインテリア#ホワイトインテリア#丁寧な暮らし#丁寧な生活#楽天room#楽天roomに載せてます #roomインスタグラマー#リビング#ダイニング#掃除
instagram.com

より長く香るには洗濯の仕方が大切でした。そこで、柔軟剤が長く香る洗濯の秘訣をご紹介します。

知っておきたい柔軟剤の役割

衣服のコーティング

柔軟剤は衣類を柔らかく仕上げたり、静電気を防止したりする役割があります。ヘアケアでいうトリートメントのようなものです。柔軟剤を使った衣服はふっくらとして手触りも良くなります。

Photo by Alexandra Gorn / Unsplash

柔軟剤を使うことで摩擦を防ぎ、服を長持ちさせる効果も期待できます。また、摩擦によって生じる静電気を防ぐだけでなく静電気によって付着しやすいホコリや花粉もつきにくくなるのだとか。

防臭効果がある柔軟剤なら、いやな匂いがつきにくく、良い香りをまとわせてくれるメリットもあるのです。

柔軟剤の正しい使い方

頻度は3~5回に1回

毎度毎度の洗濯で柔軟剤を使うのはNG。被膜のコーティングが厚くなって、水を弾いてしまいます。頻度は3~5回に1回ほどがベストです。

洗剤とは別の投入口に入れる

洗濯機では洗剤と柔軟剤の投入口が分かれているので、洗剤は洗剤投入口に、柔軟剤は柔軟剤自動投入口に入れましょう。

洗剤と同じ場所に入れるのはNGです。洗剤と同時に使うことで、洗剤の洗浄成分と柔軟剤の柔軟成分がお互いの作用を打ち消し合ってしまいます。

最後のすすぎのタイミングで入れる

二槽式洗濯機や手洗いの場合は、すすぎのときに柔軟剤を入れましょう。全自動洗濯機のときも、すすぎのタイミングで投入されています。

記事に関するお問い合わせ