無料の会員登録をすると
お気に入りができます

だるさ・むくみ・疲れを解消!「足裏マッサージ」を解説します

だるさ、むくみ、疲れ、冷え…体の調子がイマイチだなと感じる人は「足裏マッサージ」を試してみましょう。体がスッキリとする理由があるんです。詳しい方法を解説します。

2018年3月
美容

マッサージオイルを使う

マッサージオイルを使うのもおすすめです。滑りが良くなってマッサージしやすくなり、肌に負担をかけません。足裏を柔らかくして保湿してくれるので、乾燥を防ぐというメリットもあります。

足のツボ押しもおすすめ

部位別のツボをチェック

足の裏のツボもチェックしておきましょう。足裏の部位別にどんな役割があるのかをチェック。

aoikara

①親指…首や脳下垂体、頭の反射区を刺激して脳をリラックス。眠れないときに。
②人さし指と中指…目の疲れに。
③指の付け根…首や肩の凝りに。
④足裏のくぼみ…万能のツボ。疲労・冷え・ストレス解消。
⑤親指下の膨らんだ部分…心臓の反射区。むくみ解消。
⑥土踏まず…胃腸の働きを良くする。
⑦かかと…女性ホルモンのバランスを整え、生理不順などを改善。

「痛気持ちいい」の一歩手前の強さ

足ツボを押すときに痛いほど強くする必要はありません。「痛気持ちいい」の一歩手前くらいの強さがベスト。指の腹でぐーっと押しましょう。

1日5~10分でOK

長い時間やり過ぎても足に負担がかかってしまうので、ツボ押しは1日に5~10分程度にしておきましょう。毎日やることで体の不調が改善します。

こんな場合はNG

・食後30分未満
・飲酒の後
・体調が非常に悪い
・妊娠中

どれも足裏を刺激することで体調を悪化させる可能性があるので、こういう場合を避けて行いましょう。

プロの力に頼るのも手

セルフマッサージだと効いているのが不安な部分もありますよね。そこで、足裏マッサージも足つぼマッサージも、一度プロにおまかせしてみるのも一つの手です。

施術中にセルフでやるコツを教えてもらったり、強さや部位の確認をするなど、自分で実践するために役立てるのもありです。

記事に関するお問い合わせ