無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キス上手は愛される!彼をメロメロにする「25種類のキス」を詳しく解説♡

キスがうまい女性は愛されるそうです。それは、男性をいつまでもドキドキさせられるから♡キス上手になるために、たくさんあるキスをこっそり学んで実践しちゃいましょう。

2018年2月
恋愛・結婚

⑤バードキス

鳥がくちばしでつつくように、チュッと軽めに何度も相手の唇にするキスです。愛おしい気持ちを伝えたいときにおすすめ。ポイントは押しつけ過ぎないこと。軽くチュッくらいにすると、彼が「もっと欲しい」となりますよ。

お互いにやりすぎると噛み合わなくなってしまうのでご注意を。相手がバードキスをしているときには受け身になりましょう。

キスって唇だけじゃないの♡編

⑥スメルキス

スメルとは匂いのこと。相手の匂いを確かめるように、鼻と鼻を合わせて見つめるのがスメルキスです。キスの前にちょっと焦らしたいときなどにいかが?

キスはしそうでしない、触れそうで触れないのが最も気持ちを高めます。ほかにも鼻先を合わせるだけのノーズキスもあります。

⑦バタフライキス

蝶が羽ばたくように、まばたきでまつげを動かして、相手の顔に触れるのがバタフライキスです。彼の目元や頬にまつげを近づけて、まばたきすればOK。ちょっぴりくすぐったくて彼も思わず笑顔になってしまうでしょう。

⑧エンジェルキス

寝ている相手のまぶたにそっとするのがエンジェルキス。彼の寝顔を見て愛おしい気持ちになることもあるでしょう。そんなとき、まぶたにチュッとしてあなたの思いをキスで伝えてみて。

気持ちを高めたい次のステップへのキス編

⑨スライドキス

キスをしている最中に体勢を変えたいとか、違うキスをしたいとか、もっとハードなキスにしようとするときに使えるキスです。

唇を少し開けて、顔を上下に動かして相手の唇をぷるんとさせます。普通のキスとは違う、心地いい感触があります。スライドさせて滑らせるように触れ合うのがポイントです。

記事に関するお問い合わせ