無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キス上手は愛される!彼をメロメロにする「25種類のキス」を詳しく解説♡

キスがうまい女性は愛されるそうです。それは、男性をいつまでもドキドキさせられるから♡キス上手になるために、たくさんあるキスをこっそり学んで実践しちゃいましょう。

2018年2月
恋愛・結婚

キス上手は愛されるって噂♡

キスの種類どれくらい知ってる?

キスの上手な女性は愛されるそうです。それは彼をドキッとさせて、心も体も夢中にさせてしまうから。キス上手になるためには、いろんな種類を知っていたいところ。

Photo by Sorin Sîrbu / Unsplash

そこで、キスの種類や上手にキスするコツなどを解説します。あなたはいくつ知っていますか?

ドキッとさせるソフトなキス編

①ライトキス

唇にではなく、ほっぺやおでこに親愛の気持ちを込めてキスをするのがライトキスです。海外の人は挨拶をする時にお互いの頬を合わせてチュッとキスをしますよね。そういった軽いキスを指しています。

彼にも「おはよう」「おやすみ」とあいさつ代わりに、「ありがとう」と感謝の気持ちを込めてライトキスをしてみてはいかが?ぼーっとしているときに不意打ちのライトキスをすれば、彼はドキッとするでしょう。

②ジェントルキス

唇が触れるか触れないかぐらいの、とってもソフトなキス。紳士的なキスだということからジェントルキスと名付けられています。

あえてちょっと触れることで、ゾクゾクとしてお互いに気持ちが高まるそうです。焦らせば焦らすほど、彼はあなたを求めるはず。

③プレッシャーキス

お互いが唇を閉じた状態で重ねる、基本のキス。顔に力が入っていたり、唇を押しすぎると噛み合わないのでリラックスしましょう。柔らかい唇を相手に感じてもらって。顔を少し斜めにするとぴたっとフィットします。

④シングルリップキス

相手の上唇に自分の下唇を重ねる、あるいは相手の下唇に自分の上唇を重ねるキスです。ぴたっと密着するので、より愛情深いからこそするキスとも言われています。