無料の会員登録をすると
お気に入りができます

予防・道具・アレンジが大切♡プロから学ぶ「前髪のクセ対策術」

浮いてしまった、うねっている、湿気で膨らんでしまった等、前髪に関する悩みはたくさんあります。そんなときは4つの癖対策で乗り切りましょう。現役スタイリストさん直伝の凄技をご紹介します。

2018年3月
ヘアスタイル

前髪の癖はどうやって直す?

hair.cm

ウネウネが直らない、湿気で膨らんでしまった、一部分だけぴょこんとはねているなど、前髪の悩みは人それぞれ。旅先や仕事中は直すのも難しかったりします。

hair.cm

前髪の癖は「予防ケア」「道具でお直し」「ヘアアレンジ」で対策しましょう。現役ヘアスタイリストさんのやり方を中心におすすめの方法をご紹介します。

1.前髪癖をつけない予防術

髪の毛はきちんと乾かす

「綺麗に乾かしても寝癖がつくし、朝コテを使うから夜のドライヤーは適当でいいかな」というのは大きな間違い。髪が濡れたままの状態で就寝すると、うねうねとした癖がどんどんついてしまいます。

シャンプーの後は、「タオルドライ→温風ドライヤー→冷風ドライヤー」の順番でしっかり髪の毛を乾燥させましょう。癖が気になる部分ほど寝る前にしっかり対策。朝のヘアセットに違いが現れてきます!

浮く前髪はドライヤーのかけかたを工夫

直毛の方に多いのは、前髪だけ浮いてしまうパターン。生え際が浮いてしまい、突き刺すような角度になってしまっていることはありませんか。

hair.cm

前髪の浮きを抑えるには、濡れた髪に「上部から温風ドライヤー→冷風ドライヤー」がコツ。ヘアケア剤なしでできる浮き前髪防止術です。

2.DAFNIで前髪の癖を直す

DAFNIで撫でながら癖を直す

癖毛さんたちから人気を集めているのは、DAFNI(ダフニ)というヘアアイテム。熱を加えながらブラッシングするため、髪の短い方でも癖を直しやすくなっています。

instagram.com

DAFNIはblackとgoの二つがあり、前髪の癖直しには小回りのきくgoがおすすめです。blackはヘッド部分が大きめなのでセミロングやロングヘアの方にぴったり。

記事に関するお問い合わせ