無料の会員登録をすると
お気に入りができます

負担をかけずに日焼けしない肌を育てる♡「shiro」のUVスキンケア

普段はUV効果のある化粧下地やファンデーションを使っていても、出かけない日はなるべく肌を休ませてあげたいですよね。でも、日常的な陽射しは気になります。日焼けしにくい肌を作ってくれるサンケアローションが3月8日に「shiro」から発売になります!

2018年3月
美容

そろそろ紫外線が増えはじめます!

一年中陽射しは降り注いでいるけれど、冬場は紫外線ケアをお休みしている人も多いのでは? やっぱり日焼け止めクリームやUVブロック効果のある乳液はテクスチャーが重いので、できるだけ使いたくないのが本音ですよね。

気象庁が出しているUVインデックスも、11月から2月までは「弱い」ゾーンですが、3月から中程度の紫外線量に。そろそろ日常的にUVケアを始めないと、お肌が紫外線によるダメージを受けてしまいます。

日焼けしにくい肌を作る!

朝晩乳液として使うだけ。洗い流さなくてOK!

Media?size=l
instagram.com

3月8日にshiroから登場するのは、24時間洗い流すことなく、紫外線から肌を守るサンケアローション。shiroを立ち上げた今井浩恵さんが自分自身で試しながら、開発に費やした期間は実に1年半にも及びました。

通常の洗い流さないといけないサンケアとは違い、朝と夜、乳液として使うことで、肌にうるおいを与えながら、植物成分により紫外線のダメージを受けにくい肌を育てるというもの。使えば使うほど、日焼けしにくい肌になるのです。

玉ねぎが白い理由、それは外皮が守ってくれているから

ローションの色は薄いオレンジ色で、化粧下地を思わせますが、テクスチャーはジェルのようにさらさらと伸びます。このオレンジ色は実は玉ねぎの外皮の色で、UV効果と抗酸化作用があるのです。

玉ねぎは皮をむくと真っ白なのは、外皮が守ってくれているおかげ。外皮に含まれるケルセチンに抗酸化作用と紫外線防御作用があります。しかも、サンケアローションに使われているのは大量に捨てられてしまう国内産の玉ねぎの外皮なのだとか。

玉ねぎ以外にも、UVA・UVBを吸収して紫外線から守るカロテノイドを含むトマト、UVBを吸収するクロヨナ、アフリカで日焼け止めとして使われるシアバターが、フィルターのように作用して紫外線を軽減。他に、うるおい成分やお肌を整える成分も含まれているので、日焼けした肌も優しく守ってくれます。

メイクをしない休日でも、乳液やクリームでお肌を整えたあとにストレスなく使えます。洗い流す必要がないので、寝る前のお手入れに用いれば、朝の日差しも気にならない。日常的に使うスキンケアとして取り入れたくなる1本です。

shiro サンケアローション

¥ 6,800

クレンジング不要の新感覚のサンケア。植物成分がフィルターのようになり、紫外線のダメージを受けにくくします。50mL

商品詳細
shiro サンケアローション
shiro-shiro.jp
商品詳細
shiroのオンラインストアはこちら
記事に関するお問い合わせ