無料の会員登録をすると
お気に入りができます

若作りにならない! スタイリストが教えるフェイクレザーの選び方、着こなし方

ファッション

フェイクレザーアイテム選びにおいて、必ず避けるべきアイテムは、ジャケットやブルゾンといったアウター、シャツのようなトップス全般です。顔に近い部分に、強さのあるフェイクレザーを持ってくると、迫力が出やすくなります。

フェイクレザーアイテムの選び方

フェイクレザーアイテム選びにおいて、必ず避けるべきアイテムは、ジャケットやブルゾンといったアウター、シャツのようなトップス全般です。顔に近い部分に、強さのあるフェイクレザーを持ってくると、迫力が出やすくなります。

大人が着るに値するフェイクレザーアイテムは、ボトムが正解。スカート、パンツ、どちらにしても、丈は長めを選びましょう。
スカートなら、ミモレ丈のタイトスカートやフレアスカートがおすすめです。ちなみに、今期よく見かけるアコーディオンプリーツスカートは、ボリュームが出る分、迫力が出やすいので避けたほうが無難。
パンツなら、レギンスやスキニー、バギーパンツといった、タイトなシルエットのものがおすすめです。パンツは、ワイドパンツのようにボリュームがあるものを選べば選ぶほど、迫力が出るので、できるだけすっきりとしたものを選んだほうが失敗がありません。

フェイクレザーアイテムは色が命!

バッグのような小物はさておき、着用するという点では、フェイクレザーアイテムの色選びが、かなり重要です。

例えば、定番の“黒”。王道ではありますが、迫力といった面ではすさまじいパワーがありますし、ハードさが際立って若作り感も出やすく、じつは最も避けるべき色なんです。
では、何色が正解なのか。
答えは、ベージュ、クリーム色といった淡色です。
真っ白だと、これもまた迫力が出やすいのでNGですが、白さを抑えたやわらかい色合いは、迫力も出ずソフトな印象になりますので、若作りにもならないのです。

フェイクレザーアイテムの着こなし方

フェイクレザーアイテムは主張が強いアイテム。
そのため、できるだけシンプルにまとめたほうがフェイクレザーアイテムが活かされて、バランスよくまとまります。おすすめはフェイクレザーアイテムが、全面に出ないようにレイヤードコーディネートをする着こなし方。
例えば、ロングコートを羽織り、フェイクレザーのパンツが全面に出ないようにすることで、主張を抑えてソフトな印象になります。

フェイクレザーのボトムは、少々の雨雪ならはじいてくれて、風も通しにくいので、天候が悪いときでもとっても使えるんですよ。

ぜひ、自分にとって最高の1枚を手に入れてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ