無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬の耳掃除で絶対にやってはいけないNG行為5選

ペット

犬の耳掃除は1~2週間に1度がベスト

犬の耳は皮膚が薄く繊細なので、あまり強くこすったり奥まで入れたりしてはいけません。また、耳掃除をし過ぎても耳を傷つけてしまう原因になるので、犬の耳掃除は1~2週間に1度くらいがベストだと言われています。

基本的な犬の耳掃除方法

ここで基本的な犬の耳掃除方法をおさらいしておきましょう。犬の耳掃除には、市販されている耳掃除用のウェットティッシュや濡らしたガーゼなどを使い、拭き取る方法が基本です。

汚れを拭き取る場所は、外から目で見える範囲までです。あまりにも奥までガーゼを巻き付けた指を差し込んでしまうと、耳の中が傷ついてしまい、化膿してしまう恐れがあるので注意が必要です。

犬の耳掃除で絶対にやってはいけないNG行為

犬の耳掃除は、1~2週間に1度のペースで行うのが最適です。では、犬の耳掃除でやってはいけないNG行為とは、どのような行為が当てはまるのでしょうか。皆さんの耳掃除方法が、以下に当てはまる場合は、すぐに改善しましょう。

1.綿棒を使って耳掃除する

愛犬の耳掃除に人間と同じく綿棒を使用する飼い主さんもいます。しかし、綿棒は必要以上に奥まで差し込んでしまい、耳の中を怪我してしまう原因となるため危険です。

また、犬の耳は小さいので、溜まった汚れを掻き出すのではなく、綿棒によって押し込んでしまい、耳垢が正常に外に出てきにくくなる可能性があります。(正常な耳には耳垢を奥から外に送り出す自浄作用があります。)。

したがって、綿棒を使って耳掃除をするのではなく、ガーゼなどを濡らして、見える範囲の汚れだけ拭き取るようにしてください。

2.ゴシゴシと強くこする

犬の耳は皮膚がとても薄く、強くゴシゴシと擦ってしまうと、赤くなってしまったり、皮膚が剥けてしまったりと耳トラブルを発症してしまいます。犬の耳掃除は、やり過ぎは禁物です。軽く拭うほどの力でそっと擦ってあげてください。

3.耳の奥の方までこする

ここまで何度もお話ししてきましたが、犬の耳掃除をする際、耳の奥までガーゼを巻いた指を差し込んだり、綿棒を差し込んだりしてしまうと、耳の奥を傷つけてしまう恐れがあるので危険です。

犬の耳掃除は、耳の奥まで行う必要はありません。外から見て見える範囲の汚れをそっと拭う程度で良いのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ