無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう食材をダメにしない!身近な野菜の冷凍テク

レシピ

冷凍してもかたくならないにらは、切らずに冷凍がおすすめ。テープを取らず、使うときに必要な長さをキッチンばさみでカットして。

●使い方/餃子、にらハンバーグ、肉野菜炒め、ひき肉やレバーとの炒めもの、卵とじ、にらキムチ鍋などに。

【にんじん】短冊切り

短冊切りで冷凍しておけば、さっと加えるだけで料理の彩りになって便利。生より早く火が通るので、炒め過ぎには気をつけて。

●使い方/ツナ炒め、スペイン風オムレツ、焼きそば、きんぴら、炊き込みご飯、スープなどに。

【にんにく】2mm幅の薄切り

芯を除いて薄切りにしておけば、みじん切りやせん切りにすることも可能。袋の中でくっついたときは、少しおくとほぐせます。

●使い方/チキンガーリックソテー、ペペロンチーノ、野菜炒め、ガーリックライス、とり肉の煮込みなどに。

※いずれも【保存期間】は2~3週間です。

パセリは冷凍してもむと使いやすい!

切らずに保存袋に入れて冷凍したら、凍った状態で袋の上からもみほぐします。簡単に粗みじん切り状態になるので、シチューやオムレツ、スープ、グラタンなど、洋風おかずの彩りに重宝します。

すぐブヨブヨになりやすいトマトやなすは、残った分を即冷凍! にんにくも冷凍しておけば使いやすいですね。

教えてくれたのは:池上正子さん
料理研究家。アイディア料理が得意で、特に冷凍調理に定評がある。著書に『ラクラク、おいしい! 下味冷凍ワザあり便利帳』(永岡書店)ほか。

撮影=安井真喜子 編集協力=佐藤由香(シェルト*ゴ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ