無料の会員登録をすると
お気に入りができます

入浴前後のボディケアで冬こそ「脱いでもすごいんです!」を目指そう

美容

お手入れするほど効果がはっきり表われるのが、ボディです。冬こそ“脱いでもすごいんです”といえるお肌を目指しましょう。美容家の深澤亜季さんがやっているデイリーケアを教えてもらいました。

ボディブラシで角質オフ

入浴前にブラッシングすると、古い 角質がオフでき、体も温まって代謝が上がります。ポイントは肌にブラシを押しつけないこと。ブラッシングするときは、下から上に向かって、やさしくリンパを流すように滑らせるのが正解です。

ボディマッサージブラシ 2,200円/ニールズヤードレメディーズ

乾いた肌のブラッシングもできる天然毛と、オイルマッサージ用の木製面の2ウェイブラシ。

ボディクリームとオイルを2:1でブレンド

入浴後のデイリーケアでは、ボディクリームにオイルを2:1の割合で混ぜて使うと、しっとり感が倍増。保湿力が高く、酸化しにくいアルガンオイルがおすすめです。

風呂上りの保湿リミットは「10分!」

最新の入浴研究によれば、入浴前より肌の水分量が多いのはお風呂上がり10分後まで。そのあとは入浴前より乾燥してしまうのです! 今晩からお風呂上がりは 10分以内に保湿ケアを。入る前にコスメを並べて出しておくなど、子どもたちと一緒でも、自分のケアも抜かりなくできるようぜひ工夫してみてください。

古い角質をオフしてから、オイル in ボディクリームを入浴後10分以内に塗るだけ! 春に差のつくボディケアは、今から励んでおきましょう。

教えてくれたのは:美容家 深澤亜希さん
1977年生まれ。豊富な商品知識とさまざまなスキンケア法の実践経験から、女性たちの心に響くきれいを目指すメッセージを発信中。著書に『白ツヤたまご肌のつくりかたシミのできない魔法の美白ルール40』(三空出版)ほか多数。

撮影=佐藤暢隆 ヘア&メイク=新見千晶(イプシロン) イラスト=藤井晶子 編集協力=柿沼曜子、内田理惠(smile editors)

【関連サイト】

ニールズヤードレメディーズ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ