無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あれもこれも真っ白♡100均の『オキシウォッシュ』で#オキシ漬けに挑戦!

SNSで人気のお掃除法「#オキシ漬け」に欠かせない酸素系漂白剤が、100円ショップでも購入可能に!キッチンや浴室、お家のあらゆるシーンで使える、安心の日本製『オキシウォッシュ』をご紹介します♡

2018年2月
100yen

100均アイテムで#オキシ漬け♡

キッチンや浴室の水垢汚れ、洗濯物や雑貨が丸ごと漂白できる、SNSで人気のお掃除法「#オキシ漬け」。100円ショップでも、浸け置きに使う“酸素系漂白剤”が入手できるってご存知でしたか?

Media?size=l
instagram.com

“酸素系漂白剤”といえば、コストコ等で購入出来る「オキシクリーン」が有名ですが、実はダイソー・セリア・キャンドゥなどの100円ショップでも、国内産の酸素系漂白剤『オキシウォッシュ』が買えるんです。

Media?size=l
instagram.com

そんな身近な場所で、人気の漂白剤が手に入るとは驚きですよね!それでは早速、100円で買える『オキシウォッシュ』の特徴とその使い方。お掃除法をチェックしてみましょう!

『オキシウォッシュ』の魅力♡

お試しに便利!使い切りサイズ

Media?size=l
instagram.com

100均で販売されている『オキシウォッシュ』は、使い切りに便利な小容量サイズ。大容量の“酸素系漂白剤”だと大きくて値段も高いので、思い立った時に100円で買える『オキシウォッシュ』のサイズ感は実用的!

Media?size=l
instagram.com

洗剤ボトルに詰め替えた時に、ちょうど良いサイズなのが嬉しいですね!今日はお掃除の日!と決めて、全部使い切っても◎。

洗浄力も高評価!

酸素の力で汚れを浮き上がらせ分解する『オキシウォッシュ』。漂白剤を薄めた溶液につけおくだけで、家の様々な汚れをスッキリ落としてくれます。消臭効果もあるので、同時に嫌なニオイも消してくれるんです。

『オキシウォッシュ』の使い方

オキシ溶液の作り方

Media?size=l
instagram.com

40℃〜60℃のお湯4リットルに対して、オキシウォッシュ約30gを溶かして、オキシ溶液の出来上がりです。汚れた衣類や雑貨をしっかりつけたら、気になる汚れもスッキリ!

「オキシウォッシュ溶液」の作り方はこちら

汚れをスッキリ撃退♡

キッチンの油汚れに!

Media?size=l
instagram.com

キッチンでは茶渋で汚れた食器のつけ置き洗いはもちろん、換気扇のしつこい油汚れを落とすのにも効果的です。

少し濃いめに作ったオキシ溶液に浸けてから洗剤で洗えば、頑固な油汚れも簡単に落とすことができます。

リビングのくすみ汚れに!

Media?size=l
instagram.com

リビングのカーテンはオキシ溶液に浸けて、溜まった汚れをしっかり落としましょう。真っ白なカーテンを取り付ければ、部屋が一段と明るくなります。

リビングではカーペットの食べこぼし汚れや、シミ抜きに大活躍します。オキシ溶液を馴染ませた布で染み抜きを行い、柔らかな布でふき取るだけ!

浴室の目地を漂白!

Media?size=l
instagram.com

浴槽床の目地に溜まった水垢も、オキシ溶液で浸け置くことでスッキリ衛生的に保つことができます。玄関のタイル汚れにも使えるそうですよ!

あれもこれも真っ白♡

浸け置くだけで雑貨からファブリック、家のいたるところがキレイになる『オキシウォッシュ』。身近な100均で手に入る“酸素系漂白剤”で、人気の掃除法「#オキシ漬け」にチャレンジしてみてくださいね♡

ダイソー イオンタウン田無芝久保店 instagram
記事に関するお問い合わせ