無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フライパン1つで簡単調理! “焼肉のたれ”を活用した「チゲ鍋」がめちゃうま

レシピ

寒い時期には特に食べたくなる“チゲ鍋”ですが、実は食材などを使い分けることによって様々なアレンジが可能。

そこで今回は、冬季平昌五輪でさらに注目を集めているチゲ鍋の、様々なバリエーションを紹介していきます♪

“レシピの女王”が「フライパンチゲ」を紹介

1月29日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)には、第4代レシピの女王・菅田奈海が登場。コチュジャンやキムチを使わないので子どもと一緒に食べられる、「フライパンチゲ」の作り方を教えてくれました。

まずはしょうがを千切りにして、ねぎは食べやすい大きさにカット。えのきは根を落としてから食べやすい大きさにわけます。具材の用意が出来たらフライパンにごま油をひき、焼肉用の豚バラ肉を並べて塩コショウで味付け。さらにねぎも加えて、強火で炒めていきましょう。

その後、えのきと絹ごし豆腐もフライパンの中にいれ、水400ccを投入。水が沸騰するまでの間に、味噌と煮汁、焼肉のたれ(甘口)でチゲに入れるソースを作っていきます。沸騰後にソースを入れたら、弱火で3分煮込んで完成。辛さの強いコチュジャンやキムチを使わなくても、十分なコクが出ているチゲ鍋が食べられます。

またラー油や春菊、青ネギをプラスすると大人用の味に。親子で食べられるチゲ鍋に、実食したロバートの馬場裕之は「焼肉のたれの甘口を選んだことで味のまろやかさも出てるし、ラー油を入れることによってピリッと大人風になる」と絶賛していました。

また視聴者からは「レシピの女王のチゲ鍋作ってみたけどめっちゃ美味かった!」「簡単に作れるのが魅力的」「しめにうどんを入れてもいい感じ」「ラー油を入れるとぐっとチゲ鍋っぽくなる!」「これは何度もリピートしちゃうな」との声が相次いでいます。

納豆を使ったアレンジレシピ「納豆キムチチゲ」

ここからは番組で紹介された「フライパンチゲ」以外の、様々なチゲ鍋を見ていきましょう。まずは韓国で親しまれている“豆味噌”のかわりに納豆を使った「納豆キムチチゲ」。

ごま油を熱した鍋にひき肉を入れ、酒をふりかけて炒めます。肉の色が半分くらい変わったらキムチを加え、さっと炒めて水を投入。アクを除きながら煮立てて、かぼちゃとミニトマトを加え、みそを溶き入れましょう。

その後、豆腐と納豆を加えてひと煮立ちさせ、オクラも入れたら塩とこしょうで味を調えて出来上がり。

ちなみに韓国のチゲは、汁ごとご飯にかけたり、逆にご飯を鍋に入れて混ぜ、雑炊のようにして食べるのが一般的です。

まぐろ×イモ類の栄養満点な「まぐろスンドゥブチゲ」

お次は赤身のまぐろで作る「まぐろスンドゥブチゲ」。じゃがいもは予めラップで包み、電子レンジで約5分加熱。粗熱をとって4等分に切ります。

その後、ごま油をしいた鍋でにんにくとしょうがをさっと炒め、キムチを加えてさらに火を通していきましょう。香りが立ったらだし汁としょうゆ、みりん、じゃがいも、豆腐を投入。

中火で2~3分煮たらまぐろを入れ、さっと煮てから器に盛ります。最後に卵を落とし、ねぎをのせたら完成。まぐろに火を入れすぎないようにするのが、美味しく作るポイントです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ