無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼は何を考えてるの?恋愛で気づく「男女の考え方の違い」

男性と女性は考え方が違うなと感じたことはありませんか?違いを知っておけば、「なんで私の気持ちがわからないの?」とトラブルになることを避けられるかもしれません。そんな、恋愛で気づく男性と女性の考え方の違いをご紹介します。

2018年3月
恋愛・結婚

男性と女性はやっぱり違う

違いを知れば相手がわかる

男性と女性の考え方の違いが理解できず、彼とのすれ違いに悩んだことがある方もいるのではないでしょうか。違いを知れば、わからなかった彼の行動も理解できるかもしれません。

そこで、男性と女性の違いについて徹底解説します。もちろんこれからご紹介する男女の違いが全ての男女にあてはまるわけではありませんが、自分と相手が違うということを受け入れられれば彼との関係もきっとさらに良くなるはずですよ。

1.男女が「恐れる」もの

女性は「拒絶」が怖い

「共感」を大切にする女性は、相手からの「拒絶」を何よりも恐れる傾向が。絶対に共感しないと宣告されたようなものですからね。女性はそれだけ人間関係を大切にするのです。

彼が少し冷たい態度を取っただけでも深く傷ついてしまうのは、「拒絶された」と感じてしまうからでらないでしょうか。

男性は「挫折」が怖い

一方、「結果」を大切にする男性は、目的を達成することができなかったという「挫折」に傷つきます。そこで気をつけてほしいのは、彼が「できない」ことを強調するような言い方をしないこと。

「そんなこともできないの?」「またダメだったの?」と男性に言ってしまうと、挫折したという気持ちが強くなり、男性のプライドはボロボロです。彼の成果を否定する言い方は控えましょう。

2.好きな「理由」

女性は好きな理由を「言語化」できる

「彼の好きなところは?」と聞かれたら、いろんなことが思い浮かぶのではないでしょうか。女性は相手に対する好意を言語化できます。

それは彼とのちょっとしたことまで覚えていて、それを思い返して何度も“好き”と思うから。交際を続ければ続けるほど、どんどん「好きな理由」も増えていくのが女性です。

男性は好きな理由を「うまく答えられない」

一方、彼に「私のどこが好き?」と聞いても、「うーん…」とうまく答えてくれなかったなんてことはありませんか?自分はこんなに好きなのに、相手は全然思い浮かばないのかなんてがっかりしてしまいますよね。

実は、男性は好きという気持ちを具体的に考えようとしません。居心地が良いなとか、一緒にいて楽しいなとか、笑顔がかわいいなとかは思っているかもしれませんが、女性のように反芻することはないのです。彼があなたと一緒にいてくれるということが、あなたを好きだという何よりもの理由なので安心してくださいね。

3.「リラックス」できる時間

女性はとりとめもない「会話」を楽しむ

女性は話し好きな人が多いです。女友達と会えばとりとめもない話を延々としていられるでしょう。話すことで自分の気持ちを整理したり、共感してもらえることに安心できるのです。

女性にとっての会話はリラックスできる時間でもあります。相手が恋人だとしてもたくさん話したいと思うでしょう。女性にとって会話は大切なコミュニケーションの一つ。

男性は「沈黙」でまったりしたい

彼と会話をしていて、「あーはいはい」「うんうん」というように彼が生返事をしていると感じることはありませんか?男性の中には脈絡のない会話が苦手という人もいます。

彼女との会話は楽しくても、「一人でいたい」「沈黙が欲しい」と男性は思います。誰にも邪魔されない沈黙の時間こそ、男性がリラックスできる時間でもあるからです。

彼が「一人になりたい」と言ったとしても、それはあなたへの拒絶ではなく、単純に彼が一人になりたいだけです。彼の思いもきちんと尊重しましょう。

4.相手に「求めたい」こと

女性が求めるのは「共感」

女性はとにかく話を聞いてほしく、自分の気持ちを理解してほしいと思っています。寄り添うことを恋人にも求めるのです。

彼にも「ただ話を聞いてほしいの」と前置きしてから話すと、「こうしたら良い」とアドバイスされることなく聞いてもらいやすくなるかもしれません。彼がアドバイスするのも自分のことを考えてくれるからだと受け止めましょう。

男性が求めるのは「笑顔」

男性にとって、恋人の笑顔が何よりもの癒やしです。パートナーが笑顔なら、自分と一緒にいて楽しいのだなと安心できるのかもしれません。彼に会えて嬉しい、一緒に過ごせて幸せ、そんな気持ちを笑顔で伝えれば彼も幸せを感じるのではないでしょうか。

6.「時間」の流れ方

女性は「経過」を大事にし、積み重ねる

彼に不満があっても「これくらいなら」と我慢したことはありませんか?それでも、あまりにも不満がたまりすぎて、たまらず彼に気持ちをぶつけてしまったなんてことも。

女性は時間の“経過”を大切にします。その経過に起きたことを忘れず、どんどん積み重ねていきます。だから不満もたまりにたまって、ある一線を超えたらあふれ出してしまうのです。

男性は「成果」を大事にし、答えは同じ

一方、男性は“成果”を大切にします。男性にとっては、1度許せたことは何度でも許せるのです。1度出した成果に、2度目も3度目も従います。

なので、女性に「あのときもこうだった!」と不満を言われても、あのときはOKだったのになんで今はダメなの?と驚いてしまうのです。彼に不満があるなら1度目か2度目で言った方が、男性も理解してくれるかもしれません。

7.離したくない「束縛」

女性は「時間」を束縛

好きだからこそ相手を離したくないと思ってしまう「束縛」。相手に対して求めるものが男女で違うようです。女性は相手の「時間」を束縛したがります。

一人でいるのが寂しいと、いつでも彼を求めてなるべく長い時間一緒にいたいと思う束縛です。いつのまにか彼の行動を制限してしまうほど束縛してしまうと、彼は息苦しく思ってしまいます。一人の時間も尊重しましょう。

男性は「価値観」を束縛

男性は自分の考え方を相手にも認めてほしい、同じように思ってほしいと思います。つまり「価値観」の束縛をするのです。価値観が似ていれば話も合い、居心地が良いことも確かです。

しかし、「他の男と連絡するな」とあなたの行動まで制限し始めたら要注意。その彼は、自分の言いなりが欲しいだけです。

女性も男性も、束縛をしてしまうのは相手が好きだから。それと同時に、相手のことを信頼できていません。まずはパートナーを信じて、違いを認め合うことから始めましょう。

8.いけないけれど…「浮気」

女性は「心」の浮気で満たされる

女性は浮気するとき、他の男性のことを心から好きになってしまいます。本気の浮気をしてしまうのです。心が持っていかれてしまうので、パートナーに対する罪悪感も強くなります。

また、浮気をして、パートナーに対しての不満や不安など心の隙間を埋めようとします。浮気で心が満たされるので、パートナーの嫌な部分も目につかなくなり、むしろ関係も良好になるという奇妙なことも起きるようです。

男性は「体」の浮気で本命は変わらず

男性は欲を満たしたいがために浮気をします。体の関係だけで心は本命のまま。遊びなので罪悪感があまりないようです。

浮気がバレても別れたくないと男性が言うのは、浮気相手に心を動かされていないから。逆に「絶対彼女は別れない」という安心感があるので、浮気をしてしまう余裕が生まれてしまうようです。

また、男性の中にも本気の浮気をする人がいます。女性の浮気と違うのは、パートナーと浮気相手を比べて、パートナーがいかにダメなのかとあらを探すところ。女性は浮気をして性は穏やかに、男性はイライラすると大きく違いますよね。

男女は違うから面白い♡

この男女の違いというのは、もちろん全ての男女に当てはまるというわけではありません。人間はみんな違います。相手と自分は違うということを理解できれば、人間関係はうまくいくはずです。

この記事を参考にして、相手の気持ちを理解するよう心がけることが、恋愛をうまく進めるための第一歩なのかもしれませんよ。

記事に関するお問い合わせ