無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「犬にまつわる用語クイズ」犬飼いさんが知るべき5つのワード

ペット

知っていると役に立ちます!アレって何ていうの?

いくつ分かるかチャレンジしてみましょう!

愛犬との暮らしの中で出てくる、犬のしつけにまつわる用語。「これってよく聞くけど、どういう意味なの?」と思ったことはありませんか?そんな飼い主さんのために、知っていると役に立つ犬用語をクイズ形式でご紹介します。知れば知るほど犬に詳しくなれるだけでなく、いぬ友さんとの会話や、もしものときに役立ちますよ♪

Q1. 犬に「注目」させる指示は何?

「こっち見て!」というときに使う言葉です

愛犬が興奮していて落ち着かないときや、苦手なものが近くにあってソワソワしているときなど、飼い主さんのほうに注目してほしいときに、便利な指示しつけがあります。
これをしつけ用語ではなんというでしょうか?

「アイコンタクト」

しつけ用語では「アイコンタクト」といいます。

これは犬の名前を呼んだ時に、飼い主さんと犬が見つめ合う状態を指したものですが、ただ見つめ合うのではなく、犬が飼い主さんに「注目し、聞く耳をもつようにする」ことが重要。
これができると、オスワリなどの指示が通りやすくなったり、散歩中ほかの犬に吠えずにすれ違えるなど、たくさんのメリットもあります。
ちなみに、同意語として「ミテ」「注目」もありますよ!

Q2. おもに1才未満の犬のじゃれ噛みを何ていう?

カプカプと噛んでくることをいいます

なでているときや遊んでいるときなどに、手にカプカプと、あまり痛くない程度に犬が噛みついてくることはありませんか?
用語ではなんというでしょうか。

「あま噛み」

おもに1才未満の犬で見られる行動ですが、犬がじゃれたり遊んだりして、物や人の手などを噛むことを「あま噛み」といいます。

犬の本能なので無理にやめさせることはできませんが、噛んでもよいおもちゃなどを積極的に与えることで、噛みたい欲求を満たしてあげるとよいでしょう。
なお、人の手などをおもちゃにして遊ぶと、「人を噛む習慣」がつくのでやめましょう。

Q3. 犬の目の下から鼻先までを何ていう?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ