無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本最大の旗艦店「中川政七商店 渋谷店」で見つけた、冬のおうち時間を楽しむアイテム

寒くて室内にこもりがちになってしまう冬。せっかくなら、長い時間を過ごす家の空間を整えて楽しく過ごしたいという気持ちも膨らみます。

創業300年を超える、奈良発の「中川政七商店」では、住まいに取り入れたいさまざまな雑貨がそろいます。今回は、約4000点の手仕事品が並ぶ渋谷店で見つけた、冬の暮らしに取り入れたい商品をご紹介します。

ライフスタイル

寒くて室内にこもりがちになってしまう冬。せっかくなら、長い時間を過ごす家の空間を整えて楽しく過ごしたいという気持ちも膨らみます。

創業300年を超える、奈良発の「中川政七商店」では、住まいに取り入れたいさまざまな雑貨がそろいます。今回は、約4000点の手仕事品が並ぶ渋谷店で見つけた、冬の暮らしに取り入れたい商品をご紹介します。

「中川政七商店」で最も豊富な品揃えの旗艦店

2019年の秋に誕生した渋谷の新ランドマーク、渋谷スクランブルスクエア。その11階にある「中川政七商店 渋谷店」は、約130坪のスペースと、約4000点のラインナップがそろう、全国の店舗で最大の旗艦店です。

全国のメーカーとともに作りあげたオリジナルの暮らし周りの品が用途ごとに美しく並んでいます。

産地ごとに並ぶのうつわ。それぞれ焼きもの個性がわかりやすい

柄も色も豊富にそろう、万能選手「かや織ふきん」

渋谷のシンボルでもあるスクランブル交差点や看板犬をモチーフの限定商品

中川政七商店を代表するアイテムといえば、奈良の工芸「かや織」の生地を5枚重ねで仕立てた「かや織ふきん」。
丈夫なうえに吸水性に優れ、使うほどに柔らかく、ふんわりとした手触りが心地よいふきんです。台拭きや皿拭きとしてはもちろん、多用途に活躍するのでいくつかそろえておきたいもの。ちょっとした贈り物としても人気です。

初春らしいデザインのふきんも登場している。年の初めに取り入れて1年しっかり使い切るのも◎

熱々の鍋の準備も楽しくなる、食周りのアイテム

「二重軍手の鍋つかみ」(3850円)。高温の鉄を扱う鋳物職人さんの現場を見たことが開発のきっかけだそう

寒い冬は、体の芯から温まる鍋料理の出番が多くなるもの。持ち手まで熱くなる土鍋の取っ手を持つのにおすすめなのが「二重軍手の鍋つかみ」です。

ミトンのタイプよりも指先が自由に動くので、熱さに慌てることもありません。両手のセットなので、左右の手を守ってくれるのもいいところ。オーブン料理の天板や熱々のグラタン皿の熱にも臆することなく挑めます。

「伊賀焼のスープボウル」(3080円)たっぷり容量なのもいいところ

直火にかけることができる「伊賀焼のスープボウル」は、日々活躍する万能選手。

耐熱調理器具の産地として有名な伊賀焼で作られています。直火だけでなく、電子レンジやオーブンでも使用可能。野菜たっぷりの具だくさんのスープやリゾットをコトコト煮るのはもちろん、グラタンやドリアのうつわとしても使えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ