無料の会員登録をすると
お気に入りができます

100均で揃う♡クエン酸と重曹で「バスボム」を簡単DIY

「バスボム」はお風呂の時間をさらに気持ちよくしてくれるアイテムですよね。いい香りに包まれる時間はリッチな気分になります。そんなバスボムを簡単DIYしてみませんか?今回はバスボムの作り方を紹介します。

2018年2月
DIY

バスタイムがリッチな気分になる「バスボム」

お風呂は疲れた体を癒してくれる最高の時間。「バスボム」を使うといい香りに包まれて幸せ気分はより一層高まりますが、市販のものは高価な物が多いですよね。そこで、100円ショップで購入出来る材料でバスボムを手作りしてみませんか?

バスボムの作り方

100円ショップで購入できる材料で手軽に作れるのがバスボムDIYの魅力です。「アロマオイル」や「食紅」などを使って、様々な香りやカラーのバスボムを作れます。プレゼントにもぴったりですよ。

・重曹:100g
・クエン酸:50g
・片栗粉:50g
・ガチャガチャのボールや好きな型
・水スプレー
・スプーン
・入浴剤:3袋

1.重曹、クエン酸、片栗粉、入浴剤を混ぜる

creon-diy.jp

重曹、クエン酸、片栗粉、入浴剤をボールに入れて、よく混ぜ、バスボムの元になるパウダーを作ります。

2.水を足し、よく混ぜる

creon-diy.jp

水スプレーを使って、少しずつ水を足していきます。一気に水を入れてしまうと、炭酸が発生してしまうので少しずつ足すのがポイントです。表面を湿らせたらすぐに混ぜましょう。

3.型に詰める

creon-diy.jp

握ってみて固まるようになったら型に詰めます。押さえ方が弱いとボロボロと崩れてしまうので、ぎゅっと詰めてください。

4.乾かして乾燥させる

creon-diy.jp

型から外したら湿気のない場所で1日乾燥させて完成です。乾燥剤を入れたジップロックなどの密閉袋に入れておくと長時間保存できますよ。

ガチャのカプセル再利用!簡単!バスボム レシピ

バスボムの動画レシピ

簡単でわかりやすい作り方が早いペースで再生されるのでわかりやすいですね。混ぜたパウダーをランダムに入れるとカラフルなバスボムが完成します。バスボムにおもちゃなどを入れても楽しそう。

バスボムのアイデアレシピ

製氷皿を使ったバスボム

creon-diy.jp

製氷皿で作ったバスボムは、小さなサイズが可愛いので瓶に詰めておくだけでインテリアになりますね。入浴剤を使わずに、精油やドライハーブでも作れるのでぜひ試してみて下さい。

製氷皿を使ったバスボム レシピ

グラデーションのバスボム

Media?size=l
instagram.com

色付きと、無色のパウダーを交互に混ぜるとグラデーションのバスボムが出来上がります。パステルカラーが可愛いですね。

ドライフラワーのバスボム

ドライフラワーをカプセルの下においてパウダーを詰めて完成。排水に花が詰まらないように、入浴後は気をつけて下さいね。

クエン酸と重曹のすごい効果

Media?size=l
instagram.com

バスボムの材料の重曹とクエン酸は、市販の入浴剤にも入っている成分です。重曹を入れるとお湯が柔らかくなり(弱アルカリ性)、汗や油の汚れが落ちやすくなります。クエン酸は古い角質を取り除いてくれます。

肌が綺麗になるバスボムを家庭で手作りできるのは安心感がありますね。しかし敏感肌の方など、乾燥する等の異常を感じたら使用を控えるようにして下さい。また、アロマオイルを使う方は皮膚トラブルを防ぐ為に、5滴までにしましょう。

作って楽しい、使って楽しいバスボム

バスボムは作っても、使っても楽しいアイテムです。お風呂の時間がより一層至福の時になりますよ。ぜひ作ってみて下さい。

記事に関するお問い合わせ