無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これなら気軽に作れちゃう!「牛肉を使わないすき焼き」

レシピ

すき焼きは、肌寒い季節に家族みんなで温まれる冬の定番メニュー。牛肉が主役になることが多い料理ですが、いつも同じような具材では物足りなくなってしまいますよね。今回紹介するのは、牛肉を使わないすき焼き5選。とり肉や豚肉、金目鯛などの食材を活かして、いつもとは違ったおいしさを生み出しましょう。

とりむね肉の大根すき鍋(1人分269Kcal、塩分3.8g)

【材料・2~3人分】

大根 1/2本、とりむね肉 1枚(約230g)、卵 2~3個、せり 1わ、ごぼう 1/2本、だし汁 1と1/2カップ、しょうゆ、砂糖、みりん

【作り方】

1. とり肉は皮を除き、一口大よりやや大きめのそぎ切りにする。とり肉はもも肉よりもむね肉のほうがカロリーが低く、皮を除くことでさらにカロリーダウンになる。

2. 大根はスライサーで、細長い薄切りにする。せりは4cm長さに切り、ごぼうは包丁の背で皮をこそげ、鉛筆を削るようにして、ささがきにして水に放し、水をよくきる。大根は、スライサーで薄く細長く切って。調味料がしみこみやすくなり、いつもと違った食感が楽しめる。

3. すき焼き用の鍋または鍋にだし汁を入れ、しょうゆ大さじ5~6、砂糖、みりん各大さじ2 と1/2~3を入れて火にかける。ひと煮立ちしたら、1と2を加え、とり肉に火が通ったら、器に卵を溶きほぐし、卵をつけて食べる。

厚みのあるとりむね肉は、ボリューミーな歯ごたえを楽しめます。淡白な味が特徴的な素材なので、だしの風味を肉の芯までしっかりなじませるのがポイント。しょうゆや砂糖を使った甘辛味との相性は抜群ですよ。

精進キムチすき焼き

白菜キムチを刻んで割り下を作りましょう。野菜をたっぷり含んだ鍋は、カロリー控えめのヘルシーな1品。

ひきずり

名前の由来は「引きずるようにして具を取り出して食べる」ことからきています。とり肉と長ねぎは、だしと合わせる前にさっと焼くのがおすすめ。

豚すき焼き鍋

かくし味のみそを入れ、コクをアップさせます。豚肉は色が変わるまで炒めて、油に肉の香りを移してください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ