無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年こそ貯めたい!今すぐ始めて続けられる「節約マインド」10選

節約・マネー

節約を続けたいなら“考え方”から大切

2021年こそ貯められる一年に!

去年もなかなか貯金ができなかった…という人も、節約しようと思ったことは何度かあるはず。それでも続かないのは、ただ習慣や行動を試すだけで、“考え方”が変わっていないからかもしれません。

Adrian Vidal / Getty Images

節約は“マインド”から取り組むと、長く続きます。そこで、2021年こそ貯められる一年にするために、今すぐ始めて続けられる考え方をピックアップ!節約失敗マインドを、節約成功マインドに変える方法をご紹介します。

節約失敗マインド①安いから買う

→必要だから買う

節約のために、とにかく安い物を買おうとする人がいます。しかし、昔から「安物買いの銭失い」という言葉があるように、安いという理由だけで買った物は、使わなくなったりすぐにこわれたりと長く持ちません。

jchizhe / Getty Images

買い物の基準となるのは「安いから」ではなく、「自分が必要だから」です。必要なものなら、良い物で値段が高くても、長く使えるので長い目で見れば節約になります。お金を出すその前に「必要かどうか」を見極めましょう。

節約失敗マインド②お得だから買う

→何も買わないのが一番お得

「お得だから買おう」と、“お得”基準の買い物をしていませんか?節約しているように見えて、実は必要のない余計なものを「お得だから」という理由だけで買っているかもしれません。

VPanteon / Getty Images

「安いから」と同じですが、本当は必要がなくても「お得だから」で欲しくなるものは、無駄になってしまうことが多いです。それなら「何も買わない」のがお金を使わず、最もお得な方法といえるでしょう。

節約失敗マインド③買おうか迷う

→買うか迷ったら買わない

買おうか、どうしようか、迷ったときにどうしていますか?迷うのは、買うほどの決め手がない、あるいはお金がないなど買える状況にないから。だいたいが買わなくてもいい、あるいは買うのは今ではない状況です。

Isabel Pavia / Getty Images

迷うくらいなら買わない選択をしておけば、お金がかからず、買って後悔することもありません。「どちらにしようか迷う」ときも同じように決め手がないので、「どちらも買わない」という節約マインドの選択をしましょう。

記事に関するお問い合わせ