無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっとも利用しているスマホ決済は「楽天ペイ」!僅差でPayPay、LINE Payと続く

節約・マネー

スマホひとつで便利なスマホ決済

2019年10月1日に消費税率が10%へ引き上げられたことに伴い、9ヶ月間にわたり実施されたキャッシュレス・ポイント還元事業。お得さも相まってキャッシュレス決済が一気に普及しました。クレジットカードや交通系ICカードなど様々な決済方法がある中でも、スマートフォンひとつで支払うことができてポイントも貯まるスマホ決済は特に便利ですよね。

スマホ決済には多くのサービスが存在しますが、利用者が多いサービスは何でしょうか。今回は利用者の多いスマホ決済を調査してみました。

楽天ペイが僅差で1位に!

2020年 オリコン顧客満足度(R)調査が実施した「最もよく利用しているスマホ決済サービス」のアンケートにおいて、第1位 楽天ペイ(15.2%)、第2位 Pay Pay(15.1%)、第3位LINE Pay (10.7%)という結果になりました。楽天ペイとPay Payの利用率は非常に僅差ということがわかります。

アンケート結果を深堀りすると、年代別で結果が分かれるということも判明。10〜20代(n=390)の第1位はLINE Pay、30〜40代(n=1,807)の第1位は楽天ペイ、50〜60代(n=2,145)の第1位はPay Payとなっています。

※回答者数:4402名(10・20代:390名、30代:660名、40代:1207名、50代:1339名、60代以上:806名)
調査期間:2020/6/5~2020/6/11
調査対象者:性別指定なし、年齢18~84歳、地域全国、条件1ヶ月に1回以上スマホ決済サービスを利用した人

ライフスタイルに合わせて決済をチョイス

年代が若くなるにつれて、利用者が多くなる傾向となったのは、LINE Payとメルペイ(10〜20代で第2位、30代で第3位の利用者数)で、「LINEの他の機能との連携が取りやすく、ポイントがよく貯まる(LINE Pay・20代・男性)」「メルカリの売上額が、そのまま利用できるのは非常に便利(メルペイ・30代・男性)」という声が。支払い機能だけでなく、他サービスとの連携している点が利用している理由のようです。

Carlina Teteris / Getty Images

一方で、年代が上がるにつれて利用者が増えたのが、モバイルSuica(40代で第3位、50代で第4位)と楽天Edy(50代で第3位、60代で第4位)です。「アプリを起動せずに使えるので便利(モバイルSuica・50代・男性)」「アプリ画面を出さずにタッチするだけで決済できるので、会計時に楽(楽天Edy・50代・女性)」などと、わざわざアプリを起動することなく操作できる点が評価されています。

汎用性の高さがピカイチの楽天ペイ

ここからは、利用者の多い楽天ペイ・PayPay・LINE Payについて詳しくご紹介します。
世代全体で第1位に輝いた楽天ペイの特長は、何と言ってもポイント活用の汎用性の高さ!楽天ペイは楽天市場や楽天トラベル、そして街中の楽天ポイント加盟店にて決済可能で、支払いに応じて楽天ポイントが貯まります。

the_burtons / Getty Images

貯まった楽天ポイントは1ポイント=1円相当として使用することができ、楽天市場だけでも日用品から洋服、家具、雑貨、食品と幅広い品揃えですし、街中の加盟店もコンビニやドラッグストア、飲食店など身近な店舗が多数揃います。ポイントを貯めやすくて使いやすいところが、楽天ペイのメリットの一つです。

楽天カードユーザーはよりおすすめ

ポイントが活用しやすいメリットがある楽天ペイですが、さらに恩恵を受けられるのが楽天カードユーザーです。楽天カードユーザーで、楽天ペイへのチャージを楽天カードに紐付けることで、なんとポイント還元率が1.5%に!

チャージだけで還元率0.5%(200円=1ポイント)、さらに支払いで還元率1.0%(100円=1ポイント)貯まるという、お得さをかなり感じられるシステムになっています。

記事に関するお問い合わせ