無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっとの心がけが大事♡毎日をもっと充実させる「時間の上手な使い方」7選

今日はこれとあれをやろう!と思っていたのに、結局何もしないまま1日が終わってしまった...なんてことはありませんか?そこで今回は、時間の上手な使い方や無駄な時間をなくすコツをご紹介します。

2018年3月
ライフスタイル

時間のムダをなくしたい!

家でも外でもやるべきことは山ほどあるし、もっと時間を上手く使いたい!そう思っていても、計画通りにいかないことって多いですよね。

時間を無駄にせず予定をこなす秘訣は、上手な時間の使い方を知っておくことなんです。手抜きをしたり睡眠時間を削ったりする必要はありません。早速そのコツをチェックしてみましょう。

①時間の無駄遣いを見直す

効率を上げるためには、自分がどんなことに時間を使っているか把握することが大切です。まずはいつも通りに過ごし、1日何をしたのか細かく書き出してみてください。

テレビやスマホチェックだけでなく、家事に費やす時間が長すぎることはありませんか?例えば料理なら週末にまとめて下準備をするなど、手抜きではない時短ワザを知っておくと重宝しますよ。

もう少しラクしたい!忙しい家事をこっそり賢くサボる20の時短技

家事は重労働であるのに加え、毎日続けなければならない継続性がつらさの一因。露骨に手抜きをしていると思われるのも嫌だけど、もう少しラクをしたい…。そんな方に、こっそり賢くサボる家事術をご紹介します。
4358

②朝一番にすることを決めておく

朝の時間の使い方次第で1日の過ごし方が決まるといっても過言ではありません。貴重な朝の時間を無駄にしないためには、前日に予定を立てておくことが大事です。

大事な用事だけでなく、軽いストレッチや読書など朝一番にすることを決めておきましょう。こうして「今日の予定」を1つこなせれば、やる気が出て1日テキパキ動けるようになりますよ。

③楽すぎる服を着ない

1日家で過ごす日はパジャマや楽な部屋着のままでいいやと思ってしまいがちですが、そうすると気分も緩んでしまいがち。ある程度の緊張感を持つために、きちんとした服に着替えるべきなんです。

通勤用の服を着る必要はありませんが、そのまま外出できるような恰好をしましょう。さらに終わった後はゆったりした服に着替えることを習慣にすると、オンオフの切り替えが上手くなるはずです。

④2分でできる作業から始める

やるべきことが多すぎると、どこから始めて良いのかわからなくてやる気が失せてしまいますよね。そんなときはまず、2分間でできる作業から始めてみてください。

たった120秒間でも何かをこなせれば、気分を切り替えられるはず。次は5分、10分と少しずつ長くしていくことで、頑張らなくても集中力を高めることができます。

⑤10分早く起きる

やることが多いと夜寝るのが遅くなってしまいますが、寝不足になると次の日の予定が狂ってしまいます。忙しくなりそうな日は、夜更かしよりも早起きを心がけましょう。

無理をせず、普段より5〜10分早く起きるぐらいで構いません。その時間を使って1つでも予定をこなせれば、心に余裕が生まれて気持ちが楽になりますよ。

⑥Noと言える勇気を持つ

誰かから頼み事をされたり、遊びに誘わたりして断れず、予定が狂った...なんて経験はありませんか?もちろん誰かと過ごす時間は無駄ではありませんが、本当に余裕がないときは無理をせず断るべきです。

www.pexels.com

最初は相手に嫌われないか不安になるかもしれませんが、経験を積めば上手に断るスキルは必ず身につきます。そして相手が忙しそうなときに気遣うことを忘れなければ、居心地の良い関係を築くことができますよ。

⑦終了時間を決める

例えば今日中に大掃除を終わらせる!と決めるだけでは、「後で頑張ればいいや」と1日ダラダラしてしまいそうですよね。予定を立てるだけでなく、終了時間も決めておきましょう。

そして無事に終わらせた後はすぐに次の作業をするのではなく、コーヒーを飲むなどご褒美タイムを用意しておきましょう。メリハリをつけておくと、無駄な時間が減るはずです。

自分を知ることで効率アップ!

時間を上手に使うために、まず自分の生活パターンを把握しておくことが必須条件。性格やライフスタイルは人それぞれなので、誰かの真似をしても上手くいかないことが多いんです。

そして無駄な時間が見つかったら、その無駄時間を前日より少し短くすることから始めてみましょう。毎日のちょっとした心がけで自然と時間の使い方が上手くなりますよ。

記事に関するお問い合わせ