無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思い出はオシャレに残そう♡人物・食べ物・風景まで上手に撮れるスマホ写真講座

ライフスタイル

5.日常にない視線で撮る

自分の目で見ることができない景色はとても新鮮。カメラならではの視線を撮ってみましょう。

例えば、地面に近い位置にカメラを構えて見上げるような構図でパチリ。犬や猫など、小さな動物になったような目線で、面白い写真が撮れますよ。

通常、花は正面から撮って、その美しさを残します。その常識にとらわれず、思いきって裏側を撮ってみませんか。正面からではわからない、植物の繊細さと強さを感じる画になります。

カメラを斜め45度に傾けて撮るのもオススメです。通常は、まっすぐの景色しか見ることがないので、ハッと目を引く画になりますよ。傾きが中途半端だと歪んだように見えてしまうので、思い切って傾けることがポイントです。

6.連写機能で一瞬を切り取る

一瞬を切り取るのは、なかなか難しいテクニックですが、連写機能を使うと簡単ですよ。撮った後、複数枚の中からベストショットの一枚を選びましょう。

飛び散る水しぶき、落ちる液体をとる場合は、見せたい部分(この写真ならスプーンから垂れる黒蜜)にピントを合わせ、スマートフォンをしっかり固定して連写します。液体が落ち始める前からシャッターを押すと◎。

モチ~ッと伸びる食パンの生地や、トロ~ッととろける卵の黄身など、ゆっくりとした動きこそ、ベストなタイミングが掴みにくいもの。そんな時にも連写は有効。一番美味しそうに見えるタイミングを撮ることができますよ。

ライティングを工夫する

1.窓辺の光

同じ白色を写すにも、屋外と屋内では色味が違って写ることがありませんか? 光(照明)は意外に重要なんです。

写真を撮るオススメの場所は「窓際」。窓を通していったん和らいだ太陽光が、被写体を優しく写してくれます。食べ物なら「できたて」の一番美味しい瞬間を再現できますよ。

*今日のこむぎ。🐈*
.
縫い物をしたいのに、
私の邪魔をするこむぎ。🐈
ミシン出せません。
.
涼しい顔で、どっかりと居座る。
完全にココに落ち着いてしまった…
.
#こむぎ。#スコティッシュフォールド#マンチカン#スコマンチ#保護猫#猫#愛猫#みんねこ#ねこ部#ねこ生活#ふわもこ部#catstagram_japan
instagram.com
記事に関するお問い合わせ