無料の会員登録をすると
お気に入りができます

とっておきの雑貨が見つかる!絶対行きたいオススメ雑貨店まとめ

ライフスタイル

ほっこりとした空気感。吉祥寺の雑貨店「オクトーブル」

photo: octobre

吉祥寺駅北口を出てすぐのハモニカ横丁にある「octobre(オクトーブル)」。日本のほか北欧・イタリア・ドイツなど、世界各国からセレクトしたキッチン用品や服飾小物が並ぶ、ほっこりとした空気感の雑感店です。

“心地よい”をコンセプトにセレクトされた雑貨は、ナチュラルであたたかみのあるアイテムばかり。日本の「キエリ舎」のゆるくて可愛い陶器製の動物ブローチや、ドイツ東部の「DREGEN(トレゲノ)社」のぬくもり溢れる木削りの置物など、どこか懐かしみを覚える雑貨と出会えます。立ち寄るだけであたたかな気持ちになりそうですね。お部屋にちょっとほっこりするようなアイテムを取り入れたい方におすすめの雑貨屋さんです。吉祥寺のショップだけでなく、オンラインショップでも販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

“心地良い”をコンセプトに。ナチュラルで温かみのある雑貨店「octobre」 | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/16459

器の使い方提案も。上品なアイテムが並ぶ「kahahori」

photo:菊池 麻美
photo:菊池 麻美

吉祥寺駅公園口から出てすぐの路地裏にひっそりとお店を構える「kahahori(カハホリ)」。“手に届く身近な贅沢”をコンセプトに、器やアクセサリー、ファッション小物などを取り扱うセレクトショップです。

見通しのいいお店の棚には所狭しと、ほんのり上質なアイテムが並んでいます。国内の作家さんのぬくもりを感じる器や、他ではあまり見かけないユニークなアクセサリーなど、オーナー上松美保さんの洗練されたセンスでふるいにかけられたアイテムばかり。

kahahoriに訪れたら、特にゆっくり眺めていただきたいのは、ラインナップも豊富な器。お店の奥に設置されているバーカウンターで器の使い心地を試したり、上松さんからそれぞれの器のユニークな使い方を教えてもらうこともできるんだそう。また、おつまみ付きのアルコールや、コーヒーなどが提供されていて、ふらっと1杯だけ飲みに立ち寄るお客さんもいるんだとか。おしゃれな雑貨を楽しむだけでなく、ゆっくりお酒をいただいたりといろいろな楽しみ方が出来るセレクトショップ「kahahori」。ぜひ、立ち寄ってみてはいかがですか?

日常のちょっといいモノ。“手に届く、贅沢”が見つかる「kahahori(カハホリ)」<前編> | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/13104

毎日使う品をちょっと上質にしてくれる「BLACK BRICK」

photo:ozakimay

吉祥寺駅の中央口から徒歩4分。「BLACK BRICK PLANTS & GENERAL STORE」は新しいブランドやアイテムを積極的に取り入れている、スタイリッシュな雰囲気の雑貨店です。

扱う商品は幅広く、アパレルやキッチン用品、ランドリー用品から植物まで、そこかしこに多数のアイテムが並んでいます。写真は、店長の木佐貫(きさぬき)さんのおすすめ商品。やわらかすぎない拭き心地の「THING FABRICS(シングファブリックス)」のタオルや、深い色味がおしゃれなガラス製のボトルの「IZOLA」のリキッドソープ。こうした、おしゃれでちょっと上質な日用品は、自分へのご褒美やプレゼントにぴったりで、ついつい購入したくなりますね。毎日の生活にちょっとした潤いが欲しくなったとき、足を運んでみてはいかがですか?

日用品をちょっとずつバージョンUPしたくなるジェネラルストア「BLACK BRICK(ブラックブリック)」 | Sheage(シェアージュ) https://sheage.jp/article/2978

今回はこだわりのアイテムばかりを集めた吉祥寺の雑貨店をご紹介しました。3店舗とも吉祥寺駅から歩いてすぐの場所にあり、アクセスも抜群。ちょっとした時間に、そしてゆとりのある休日に、吉祥寺の雑貨屋さん巡りに出かけてみてはいかがですか?

※時期により、紹介している商品に在庫がない場合があります。ご了承ください。

octobre(オクトーブル)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
不定休
TEL:0422-22-6569
※吉祥寺駅 北口から徒歩1分

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ