無料の会員登録をすると
お気に入りができます

宝塚『ブスの25箇条』から学ぶ!本当の美人になるための厳選10箇条♡

女性だけが演じ、夢のような世界を繰り広げる宝塚。演じているタカラジェンヌはみなさん美しいですよね。それは見た目だけではなく、心から美人になれるような“心得”があるからのようです。

2018年3月
ライフスタイル

宝塚『ブスの25箇条』って知ってる?

本当の美人になれる心得を学べる

美しい女性達が男役と娘役に分かれて役を演じ、夢のような世界を繰り広げる宝塚。そんな宝塚の舞台裏に、ひっそりと貼り出されていたという『ブスの25箇条』をご存じでしょうか。宝塚の戒めとして心に刻んだ方も多く、宝塚出身の方の書籍にも登場しています。

そんな『ブスの25箇条』を知れば、見た目だけでなく心から美人になれる理由がわかるはず。そこで、宝塚『ブスの25箇条』の中からさらに10箇条を厳選し、そこから考える「美人になれる方法」をご紹介します。

1.笑顔がない

美人はいつでも笑顔

あなたは普段どんな表情をしていますか?誰かと一緒に過ごすとき、仕事で接するとき、そこに笑顔があるでしょうか。いつでも笑顔の女性は接しやすく、周りも笑顔にします。

Photo by Katy Belcher / Unsplash

「笑うようなことがない」と考える人もいるかもしれませんが、実は逆なんです。あえて笑うことで、脳が楽しい状態だと錯覚し、脳のドーパミン系の神経活動が活発になるんだとか。目尻を下げて、口角を上げて。いつでも笑顔になれば、誰よりもあなたが幸せな気持ちになれるはずです。

2.お礼を言わない

「ありがとう」を口癖に

人に何かしてもらったときお礼を言っていますか?最初は感謝していたことでも、いつのまにか“当たり前”になって、「ありがとう」と言わなくなっているのではないでしょうか。

Photo by Courtney Hedger / Unsplash

まずは感謝の気持ちを持つこと。本当に「ありがたいなぁ」と思わないと、言葉にも出ません。「ありがとう」が口癖になれば、あなただけでなく周りの人まで感謝であふれる環境になるはずです。

3.自信がない

経験+成功体験=自信が身につく

自信を持つというのは難しいことです。自分の短所は目に付きやすいですし、それに囚われてしまう人もいるでしょう。でも大丈夫。誰でも必ず良いところがあります。

あなたにとって、「楽しい」「うれしい」「心地いい」と感じることはありませんか。それを徹底的に極めましょう。一生懸命に取り組むことで結果が伴い、あなたの自信になるはずです。経験と成功体験を積み重ねて、自分に自信をつけましょう。

4.グチをこぼす

次はどうするかが重要

生きていたら不満もたくさん出てきて、グチの一つや二つも言いたくなります。嫌な気持ちを吐き出すのは、自分の心を軽くする上ではとても大切なことです。

しかし、グチをずーっと引きずるのはNGです。大切なのは、その後に何ができるか。グチをこぼしたら「あースッキリした!もう忘れて頑張ろう」「次はどうしたらグチを言わずに済む?」というふうに、次のステップを考えましょう。

5.希望や信念がない

生きる指針を持ちましょう

毎日のタスクをこなすことだけで1日が終わってしまう、なんて方はいませんか?1日を「なんとなく」過ごしているだけなら少しもったいないかも。

「なんとなく」が延々と続くと、「私は何がしたいんだろう?」とわからなくなってしまうこともあります。1日の中で1つだけでも良いので、希望や信念を持って物事に取り組む時間を作りましょう。

6.他人に嫉妬する

嫉妬は自分のために活かす

人に嫉妬してしまう気持ちもあるでしょう。「うらやましい」と思うことは悪いことばかりではありません。大事なのは、その後にどうするかです。

「なんであの人だけ」と嫉んだり「どうして私だけ」と自分を卑下したりするのはNG。「私も見習おう」と他人の良い所を学んで吸収すれば、その分だけステキな人になれます。嫉妬は自分のために活かしましょう。

7.責任転嫁がうまい

失敗は成長できるチャンス

自分にミスがあったとき、誰かのせいにしていませんか?それを繰り返していると、責任転嫁がうまくなります。しかし、自分の欠点を改善できる機会はどんどん減っていきます。

自分の非を認めることはつらいことです。誰でも認めたくはありません。しかし、ミスは自分が成長するチャンスです。責任転嫁がうまいと、あなたの周りから人が減っていきます。

Photo by Allef Vinicius / Unsplash

失敗をしてしまったときは素直に認めて、周りに迷惑をかけたならごめんなさいと謝るのが◎。非を認めて、成長できる人になりましょう。

8.問題意識を持っていない

問題は小さいうちに対処する

大変なトラブルを起こしても危機感を持たない、自分の短所を改善しないなどはNG。問題点に気づいているのに見て見ぬふりをしてしまうと、さらに大きなトラブルが起きてしまいます。

問題にきちんと向き合い、どう対処していくのかを一つ一つ考えましょう。結果的に大きなトラブルを避けることにもつながります。

9.他人に尽くさない

助け合える関係性を作る

自分の人生ですから、自分のために生きるというのは素晴らしいことです。しかし、何でも自分を優先させる、というのは少し違います。他人のために尽くすことも、時には大切なことです。

誰かの役に立つことで大きな達成感を得られ、自分の成長にもつながります。また、他人のために全力で頑張れば、自分が困ったときに周りが手を差し伸べてくれます。そうした支え合える人間関係を築いていきましょう。

10.自分が最も正しいと信じ込んでいる

違いを知って世界が広がる

自分を信じるのは大切なことです。しかし、自分だけが正しくて、違う意見は全て間違っているわけではありません。人にはそれぞれ個性があり、自分とは違うだけです。

自分とは違っても「そういう視点もあるんだな」と思った方が視野が広がります。ときに周りの意見を聞き入れることが、自分のためにもなります。自分の芯を持っていても、他人を否定せず、その違いを認め合えるようになれたら良いですね。

本当の美人は心から美しい

『ブスの25箇条』の厳選10箇条。そのほとんどが心の内のことです。自分がどうあるべきか、見直すことができる言葉がたくさんあったのではないでしょうか。心から美しくなり、本当の美人になりましょう。

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座/貴城けい

講談社+α文庫

¥ 648

元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けいさんの著書です。美しさだけではなく、人として大切なことが学べます。

商品詳細
宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座/貴城けい
商品詳細
記事に関するお問い合わせ