無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアグリーンにもなる♡豆苗をオシャレに栽培しよう

家計の味方、豆苗。最近では、豆苗栽培にハマっている人も少なくないようです。まだ育てたことがないという人は必見!豆苗の基本の栽培方法と、オシャレな豆苗栽培テクニックについてまとめました。

2018年3月
インテリア

豆苗栽培してますか?

Media?size=l
instagram.com

家計の味方、豆苗。食料品の値上げや野菜の高騰が話題になったこの冬はもちろん、これからの季節も安定した価格で楽しめる栄養豊富なお手軽野菜です。

もはや生活の常識に!

Media?size=l
instagram.com

豆苗の大きな魅力の1つとして話題となっているのが、自宅で簡単に栽培できること。今回は、そんな豆苗栽培の方法から、インテリアグリーンとしても楽しめる、豆苗の栽培テクニックをまとめました。

誰でも簡単!豆苗の上手な育て方

①日当たりのいい窓際に

豆苗栽培のポイントとして欠かせないのが、日当たり。室外でも栽培できますが、天気に左右されて早く茎が固くなって食感が落ちたり虫がついたりする恐れがあるため、日当たりの良い窓際での室内栽培がよいとされています。夏場には直射日光は避けましょう。

②脇芽は落とさず残して使う

スムーズなニ次栽培のためには、脇芽は大切。買ってきた豆苗をカットするときは、根元ではなく、脇芽を残してカットしましょう。

③豆がつからない程度の水量で

Media?size=l
instagram.com

水量は根だけが浸る水位を目安にするのがベスト。豆が浸かるほど水を入れ過ぎると、根腐りしてしまう可能性もあるので要注意です。

④1日に1・2回水を取り替える

Dummy error 300x300
instagram.com

イキイキとした新芽を育てるためにも、水交換は欠かさずに行いましょう。1日1回、夏場は2回、きれいな水に取り換えます。

もっとオシャレに!豆苗栽培テクニック

①カラー食器に入れ替える

Media?size=l
instagram.com

タッパーやトレーで済ませてしまいがちな豆苗栽培ですが、容器を変えるだけでインテリアグリーンとして楽しめます。イエローや赤など好きなカラーの陶器で、豆苗栽培を楽しんでみて。

②ブリキ容器でインテリア度もアップ♡

Media?size=l
instagram.com

100円ショップでも簡単に手に入れることができる、ブリキの容器で育てるのも素敵ですね。インテリアグリーンとして楽しめば、収穫も数倍楽しくなりますよ。

③クリア容器で涼やかインテリアに

Media?size=l
instagram.com

半透明の容器もとっても素敵です。涼やかなブルーとあわせれば、爽やかなインテリアグリーンに。小さな容器に移し替えることで、気軽に豆苗栽培にチャレンジできそうですね。

④ミニ容器で小分けにして栽培

Media?size=l
instagram.com

可愛いキャラクターやモチーフの容器を使えば、子供にも喜ばれます。キッチン周りをさりげなく可愛らしく飾ってくれる嬉しいグリーンになりそう。家族で1人1株ずつ分けて成長を競っても楽しそうですね。

今日もぐんぐん成長中!

生活感が出がちな豆苗栽培も、インテリアグリーンとして楽しめば、気軽に栽培できそうですよね。栄養満点で安価な豆苗はみんなの味方♡ぜひ参考にしてみてくださいね。

Media?size=l
instagram.com

※買った直後の豆苗はサラダなどで生で食べられますが、2度目のものは雑菌がついている可能性があるため必ず火を通す料理で楽しんでください。また、カビが生えるなど衛生面上の問題が起こりやすいため、再生栽培が1回終了したら新しい苗で始めることをおすすめします。

100円でスゴ〜イ栄養!野菜が高い今役立つ「豆苗」レシピ

葉物が高くなってくると、どうしても買い控えてしまいがち。栄養バランスが気になります。そんな時のお助け食材といえば「豆苗」です!豆苗は栄養価も高いのに、2度楽しめてコスパ最高な食材。健康的に節約を叶える豆苗レシピを紹介します。
4251
記事に関するお問い合わせ