無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春は出会いの季節♡「会話が苦手...」でも好かれる行動6選

春は新しい環境が始まる季節であり、新しい出会いが増える機会も多くなります。しかし話すのが苦手な人はどうしても初対面の人には腰が引けてしまいがち。そこで話が苦手でも初対面で第一印象をよくする方法、男性からの印象が良くなる女性の仕草や行動などをご紹介しましょう。

恋愛・結婚

⑷質問は5W1Hの形式で

初対面の相手には質問をするのが難しいですよね。それが簡単になるのが英語の授業で習った「5W1H」です。

・What(何)
・Why(なぜ)
・Where(どこ)
・Who(誰)
・When(いつ)
・How(どのように)

この形で質問することによって、相手の話の内容をより深めることができます。

迷ったら頷くだけでもOK

もし何と聞いたらいいのかを迷ったら頷くだけでもOKですが、相手はあなたに話をどんどん引き出されることによって気持ちよく話すことができます。あなたがお腹いっぱい話を聞いて初めて、相手は少し話したような気持ちになるものです。

⑸口角は上げておく

あなたが会話をしていない時に、困った顔やつまらなさそうな顔をしているのも周囲の人はしっかり見ています。会話をしている時よりも、話していない時の方が思っている本音は表情に出ているもの。

ハッピーオーラは口角から生まれる

口角をしっかり上げているだけで、ハッピーな雰囲気になります。静かにしている時に口角が上がっている人は少ないもの。意識的にあげることによって表情の筋肉も鍛えられていきます。幸せに見える以外にも、若く見えるメリットもあります。

⑹相槌は、相手の気持ちをまとめて

さらによく聞いている印象に

相手の話や流れが大体わかってきた場合には、相手の話をまとめるようにして話を聞くようにしましょう。例えば「なるほど、〇〇さんは〜の時に〜って思ったんだよね」と話すと、相手はあなたが話を理解してくれていることに気づけます。

相手が話しやすい空間を作る

相手の感情が高ぶっている時や、話しながら自分の考えを整理しているような場合。そのまま何となく聞くのではなく、相手が気づいていなさそうなポイントがある場合には、「もしかして〇〇ちゃんは、〜って思ってるんじゃない?」と指摘すると、会話が弾みやすくなります。

話が苦手でも大丈夫な方法がある!

あなた自身の話をするのが苦手な場合には、むしろ相手の話を引き出すことに徹するようにしましょう。自分の話をするのも大切ですが、相手の気持ちを汲みとれる女性も素敵です。あなたらしい魅力がさらに増していくといいですね。

記事に関するお問い合わせ