無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やっぱりこの子が1番!男が忘れられない女になる秘訣6選

恋愛に終わりがきても、あなたの存在が胸の奥でなかなか消えないのは、あなたに強い魅力があったからかもしれません。もし喧嘩して、心も距離ができたとしても「やっぱりお前がいい」と言われるような女性になりたいですよね。男性が別れたのを後悔するくらい、忘れられない女性になるための秘訣をご紹介しましょう。

2018年3月
恋愛・結婚

「お前がいい」と言われる女性になるには?

忘れられない女性になりたい

もし喧嘩しても、口論になって離れる時間があっても、ふとした瞬間に「あいつ、どうしてるかな?」と気になってしまう女性と、名前はおろか顔すら思い出せない人がいます。その差は何なのでしょうか?その差は「魅力」に尽きるのですが、こんな共通点があったのです。

⑴褒めて認めてくれる存在

いつも褒めてくれる人の近くにいたい

男性がいつも心のよりどころにしてしまう女性の共通点の1つ目は、どんな時も彼の味方でいてくれる存在です。あなたのことを褒めてくれて、「すごいね」と認めてくれる存在は嬉しいですよね。言葉だけの上っ面ではなく、意見や考え方、価値観、過去の行動すら認めてくれる存在です。

あなたが彼の理解できない考え方を聞いた時にもすぐに攻めたり、反対するのではなく、「何でその時はそう思ったの?」と聞くようにしましょう。過去の彼を責めるのではなく、その時にどんな考え方をしたとしても、その彼を柔らかく包んであげるのです。

⑵食事がとにかくウマイ

どんな男性もマザコンと言われるのは、おふくろの味を忘れられないからです。レストランやカフェの美味しいご飯よりも母親の味を求めてしまうのは、幼い頃に食べ慣れた味を思い出したいからです。

oceans-nadia.com

冷蔵庫の余り物で作ったご飯が美味しいとオチます

母親が冷蔵庫の余り物で作ったような適当だけど、なぜか美味しいご飯を食べたくなるのです。たまに作ってくれる豪華な食事よりも、家庭的な味に憧れるのはそれが食べ慣れた味だから。あなたの食事も毎日毎食豪華ではありませんよね?豪華さよりも家庭的な美味しさを作り出せる人に彼は惹きつけられるのです。

⑶交際期間が長かった元カノのこと

1年以上交際した彼女のことを忘れられない男性は多いです。別れた理由がお互いの恋愛感情が冷めたなどではなく、なぜ別れたのかという理由が曖昧であるほど引きずります。元彼女が一方的に振ると、その理由を知りたくなって何年もその恋愛にとらわれてしまうのです。

別れた理由が謎だと、引きずります

昔の彼女に新しい彼氏ができると、ショックを受けるのはそのためです。しかしその当時の彼女に持っていた不満をあなたがクリアにしてあげることによって、あっさり忘れる可能性もあります。彼が満たされていたものと、そうでないものを聞いておきましょう。

⑷体の相性が抜群だった

つい男性が会いたくなるのは、カラダの相性がバッチリな女性です。それはただ物質的なカラダの相性というよりも、すごく丁寧に彼女が前戯をしてくれて気持ち良かったり、視覚的にエッチな動きをしたりする場合です。

男ってスケベな女に惹かれるんです

エッチが上手な女性だと魅了されてしまうもの。特に騎乗位の腰使いがエッチだったり、長時間に渡って動かし続けられる女性には感動すら感じます。触れるたびに感度良く反応する人にも興奮するなど、男ってスケベなのかもしれません。

⑸居心地がいい部屋作りができる

彼女の家に遊びに行った時や、同棲中の彼女がとても居心地のいい部屋作りをしていると、その家でのんびりしたくなるもの。居心地のいい家というのは、清潔感があって、あるべきところに物がきちんと収納されており、片付いた家のことです。

のんびりリラックスもでき、生活のしやすい手入れの行き届いた家だと、彼女に対して「生活力のある人だな」という印象を抱きやすくなります。

⑹自分を持ってる

他の人と違う特別なものを感じるのは、彼女が自分の意志や考え方、価値観などに自立したものを感じるからではないでしょうか。それを特に感じるのは、彼がうまく行っている時よりも、うまく行っていない時に明確になります。

人として尊敬しちゃう

彼が仕事やプライベートでうまくいっていないことが起きた時に、あなたに相談をします。あなたが彼の不安な気持ちを軽くするのは、自立した凛とした姿です。「もしあなたがうまくいかなくても、ちゃんと支えるから大丈夫よ」という安心感に彼はまたやる気を取り戻すのです。

俺の最後の女でいてほしいから

男性は繊細な生き物です。自分のことを心も体も優しく包んでくれるような力強い女性に心惹かれていきます。彼を惹きつけるための一番の近道は、あなた自身が1人でもしっかりと内面から輝くこと。彼の忘れられない女になっていきましょう。

記事に関するお問い合わせ