無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メモ書きで入国拒否?今一度確認しておきたいパスポート事情

海外へ渡航する際必要になるパスポート。実は細かな規定があり、ルールを無視すると最悪入国拒否の憂き目に遭うことも!旅行前に確認しておきたい5つのことをご紹介します。

2018年3月
旅行・おでかけ

パスポートは旅行までに必ずチェック!

パスポートは海外渡航に必要なアイテム。期限も残っているし特に問題ないはず…だったのに、入管で係員に呼ばれ、最悪入国拒否になってしまうケースもあるようです。

普段あまり使う機会がない人ほど使用前には要確認!パスポートについての豆知識をご紹介します。

1.パスポートへの落書き

プリクラやメモ書きはNG

パスポートは身分証明書であり、装飾やメモ書き等には使えません。プリクラやシール、メモなどがあると、ビザ申請時や入国審査時にトラブルに繋がる可能性があります。

パスポートに押されたスタンプの下に「アメリカ」などと書かず、そのままの状態にしておくのがパスポートの保管術です。

2.パスポートの保管場所

防虫剤や磁気を帯びた場所は避けたい

パスポートをタンスに保管されている方は、ラミネート部分に変色がないか確認しましょう。防虫剤の成分と化学変化を起こしている可能性があります。パスポートは防虫剤から遠ざけておきましょう。

また、パスポートにはICチップが埋め込まれています。パスポートのICページにも「磁気を避けた場所での保管が望ましい」と書かれていますので、磁気にもお気をつけください。

3.パスポート残存期間

厳しいところでは入国時6ヶ月以上の国も

パスポートは訪問国により必要な残存有効期間が異なります。オーストラリアは帰国時まで有効なもの、台湾は「入国時3ヶ月以上」、モルディブ、タイなどは「入国時6ヶ月以上の残存期間」と長くなっています。

ふらっと週末海外へ出かけるはずが、残存期間が少なくて行けなかったら悲しいですよね。渡航先の入国基準は予め調べておくと良いですよ。

パスポートの残存期間と査証(VISA)についてのご案内 | 国内ツアー・海外ツアー、旅行のことなら『ビッグホリデー』におまかせ! https://tour.bigs.jp/doc_page/58/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%AE%8B%E5%AD%98%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%A8%E6%9F%BB%E8%A8%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
記事に関するお問い合わせ