無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食材全部使い切れ!お一人様の7つの自炊節約テクニック♡

レシピ

キャベツやもやし・玉ねぎなどを組み合わせれば、チャーハンや野菜炒めなど炒め物に使えます。油揚げと葉物野菜を組み合わせれば、お味噌汁の具材にそのまま調理ができますよ!

詳しい作り方はこちら

④まとめてストック♡下味冷凍

特売でお肉を購入すると、消費期限切れ前にいっぺんに調理しなければならず、味付けのバリエーションが少なくなります。ところが「味付け冷凍」なら同じお肉で数種類の味付けを仕込むことができるので、お得で美味しく食べられます!

冷凍室が埋まったら!作り置きにシフト

⑤お肉が主役の作り置きレシピ

冷凍保存の容量も十分ではない一人暮らしの冷凍室。冷凍スペースがパンパンになってしまったら、冷蔵庫で作り置きできる「おかず」で食材を使いきりましょう!

お肉の「おかず」はお弁当や夕食で大活躍。トースターで手軽に作れる“トンカツ”は、冷蔵保存で4日。毎日のおかずに大活躍してくれる、ジューシーな煮込みハンバーグは、冷蔵保存で5日も日持ちします。

⑥野菜が主役の作り置きレシピ

食生活が乱れがちな一人暮らしさんには、緑の野菜を使い切って作る「野菜のおひたし」もオススメです。小松菜・菜の花・ブロッコリーなど、買い込んでしまった野菜の消費にもなりますよ!

冷蔵庫を管理する♡

⑦食べ終わるまで、食材を買い足さない

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

食材を余すことなく使い切れることが、自炊と節約への第一歩。例えば「一週間で食べ切れる分量しか食材を買わない」「食べ切れるまで次の食材を買い足さない」など、マイルールを決めましょう。

自炊テクニックを新生活の参考に♡

食材を使い切る食材保存法や自炊テクニックは、意外と簡単に実践できたりするものです。この春から一人暮らしを始めるという方も、ご紹介したアイデアで上手に節約して、自由気ままな生活を満喫してくださいね♡

記事に関するお問い合わせ