無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気づけ世の男たち!Hのとき「もっとこうして」を彼にやんわり伝える方法

セックスでの彼の行動に「そこじゃないんだけどなぁ…」と思ってしまったことはありませんか?ストレートに伝えると傷つけてしまいそうだし、だからといってずっと我慢するのもつらいし…。そんな方へ、男性に「そこじゃない」をやんわり伝える方法をご紹介します。

女性から積極的に動く

気持ちよさを追求したい方に

彼の触れ方がどうしても合わないときは、自分から気持ち良くなるよう積極的に動きましょう。いつも受け身な女性ならリードする姿にギャップがあって、彼もドキドキしてくれるかもしれません。

自分で動きながらも、「こうするのが好き」とか「これが気持ちいい」と伝えて覚えてもらいましょう。

感じる部分を探すゲームをしてみる?

イチャイチャしながら知ってもらえる♡

彼とお互いに感じる部分を探すなんていう、ゲーム感覚で覚えてもらうのもありです。イチャイチャできるので、ムードが暗くなりません。

お互いの体に触れて、感じる部分を探し合いましょう。ちょっとずれていたら「惜しい!」、力が強かったら「もうちょっと弱く!」というのも、楽しい雰囲気なので言いやすいです。

彼に「してほしいことない?」と聞く

自分の要望も言いやすくなる

あえて彼に対して「してほしいことない?」とセックスについて要望を聞いてみるのも一つの手です。自分から一方的に伝えるだけではなく、彼の意見も聞いて、お互いに良くしていきたいという姿勢を見せることにもなります。

彼が答えてくれたら、「私はね…」と自分の要望も言いやすくなります。「逆に何かある?」と彼の方から聞いてくれるかもしれません。二人できちんと向き合えれば、体の相性もだんだんと良くなっていくはずです。

伝えることを恐れないで

セックスは大切なコミュニケーションのひとつ。お互いが心地良くなれなければ意味がありません。そのために伝えることを怖がらないで。上手に伝えれば、お互いが気持ち良くなれます。

「そこじゃない」と我慢しつづけるのではなく、彼にやんわりと伝えて、二人とも心地良い時間を過ごせますように。

記事に関するお問い合わせ