無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「後で考えればいいや」はキケン! 人生100年時代を生き抜くために気をつけたいこと

ライフスタイル

今や“人生100年”の長生き時代。親世代を見て「老後は何とかなりそう」と思っている人は、老後ビンボー予備軍! ありがちなキケンなカン違い、あなたもしてませんか?

ありがちカン違い

【今は子どものお金で手いっぱい! 老後資金は、将来年収がもう少し増えてから貯めよう】

●手取りは目減りし、教育費もアップ。貯蓄は待ったなしです

残念ながらこの先手取りが増えるとは限らない時代です。社会保険料が重くなり、子どもの教育費もどんどん高額に。たとえ給料が上がった40歳ごろから貯め始めても、それが年間40万円程度では60歳まで貯めてもおよそ800万円。半分は子どもの大学費用に消えてしまいます。貯め始めるのは待ったなし、「今でしょ!」ですよ。

【住宅ローンは退職金を使って完済すればいいよね】

●60歳時のローンはいくら? 退職金はいくら?

家を買うときに営業マンにそういわれたまま信じていませんか? 60歳のときに住宅ローンがいくら残り、退職金がいくらもらえるか、今はっきり分かっている人はまずいません。いくらあるか分からない借金を、いくらもらえるか分からない退職金で返すというのは無謀な話。退職金に期待し過ぎない計画を。

教育費に住宅ローン…出ていくお金はたくさんあっても、将来入ってくるお金がどれくらいか分からなければ、安心していられないということですね。

教えてくれたのは:深田晶恵さん
ファイナンシャル・プランナー。生活設計塾クルー取締役。個人向けマネー相談を行なうほか、セミナー講師やメディア出演などで活躍。『定年までにやるべき「お金」のこと』『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65』(ダイヤモンド社)など著書も多数。

イラスト=村田エリー 編集協力=松崎のり子

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ