無料の会員登録をすると
お気に入りができます

睡眠不足は「昼寝」で解決!昼寝のメリットと正しい寝方

日中にぼーっとしてしまう方。それは睡眠不足が原因かもしれません。夜の睡眠時間を確保したいけれどなかなか難しい…という人も多いはず。そんな方には「昼寝」をおすすめします。

ライフスタイル

日中「眠いなぁ」と感じるあなたへ

「昼寝」しちゃいませんか?

最近睡眠不足だなと感じる方や、お昼を過ぎると集中力が切れてしまうという人へ、昼寝をしませんか?脳がぼーっとしているのは「休みたい」と思っている証拠。それなら本当に寝て休んでしまいましょう。

国際的な企業の中には仮眠スペースを設けたり、昼寝のための部屋があったりもします。それだけ昼寝にはメリットがあるんです。そこで、昼寝のメリットや正しい寝方について詳しく解説します。

昼寝のメリット

午後の集中力UP!

昼寝でしっかりと休憩することで、体力と精神力が回復し、午後からのやる気や集中力がUPします。ぼーっとしがちな時間帯もシャキッと目を覚まし、作業もスムーズになるでしょう。

午前中の疲れをリフレッシュ

昼寝をすれば、午前中の疲れを回復することができます。昼寝をせずずーっと永続的に疲れが溜まり続けるよりも、一旦リセットした方が当然午後の作業効率も良くなりますよね。

睡眠負債を解消

最近知られるようになってきた「睡眠負債」という言葉。睡眠不足が積もりに積もった状態のことです。睡眠負債があると疲労やストレスがたまり、パフォーマンスが低下してしまうことも。

睡眠負債を返済するためには、夜の睡眠時間を確保して、睡眠の質を高めることが大切です。また、昼寝をして睡眠不足を解消することも良いそうです。

夜の安眠も導く

昼間ぼーっとしてしまうと、作業が遅くなって、眠りにつく時間も遅くなります。作業が進まない不安やストレスでなかなか眠りにつけず、睡眠の質が悪くなるかもしれません。

昼寝をすれば、午後からの作業効率を上げられます。作業がスムーズに進めば睡眠時間も確保できますし、不安も減って睡眠の質も高まるでしょう。このように昼寝は夜の安眠にもつながっているのです。

記事に関するお問い合わせ