無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「25歳からのお金事情」を検証!結婚してから死ぬまでいくらかかる?

私たちは、死ぬまでにどれくらいお金が必要になのでしょうか?その額は結婚する人しない人、出産する人しない人など、ライフスタイルによって様々ですが、主にこれから必要になるであろう金額をご紹介します。

2018年3月
節約・マネー

これからいくらお金が必要になる?

25歳を過ぎたら、きちんとお金を貯めたいと思っている人も多いはず。しかし、一口にお金を貯めると言っても、いくらくらい貯金をしていれば安心と言えるのでしょうか? これから将来的にかかってくる費用を知っておくことによって、目標とする貯金額の目安にすることができます。

何にどのくらいのお金がかかるのかを知って、毎日のお金の流れを見直していきましょう。

25歳からかかるお金

結婚費用 約420万円

25歳からバリバリ働く女性もいる一方で、お付き合いしている彼とめでたく婚約をして、その後、結婚式を挙げる人もいます。ゼクシイ「結婚トレンド調査2010」によると、婚約から結婚式、披露宴、新婚旅行までの総額は、約420万円かかると言われています。

費用がかさむのが、主に会場やドレス代ですが、最近は格安で結婚式を挙げられたり、参列者の会費やご祝儀で費用をまかなえるシステムを取り入れているところもあります。こだわりが強すぎると高額になる可能性があるので、絶対に譲れないところとそうではないところを決めると費用を抑えやすくなります。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2010」発表! | リクルートホールディングス - Recruit Holdings http://www.recruit.jp/news_data/release/2010/1022_6580.html

新生活費用 約100万円

新居に引っ越す費用や、家具家電を購入する時の費用を合わせた金額は、リクルートブライダル総研「新生活調査2011」によると、新生活費は約100万円かかるそう。ダンボールに詰めて貰う作業を引越し業者に任せるなど、サービスが充実しているものだと費用もそれなりに上がってきます。

いくつもの引越し業者とプランを比較してみることと、どこまであなた自身が引越しの準備をするかによっても費用は抑えられます。家具家電は、新品やブランドにこだわるよりも、中古や知り合いから譲り受けると一気に費用が抑えられます。リサイクルショップやネットオークションを活用するのもいいでしょう。

夫婦・家族|マーケットを読む・調査データ|リクルート ブライダル総研 http://bridal-souken.net/research_news/xy.html

出産費費用 約50万円

妊娠中は妊娠検査薬や産婦人科の定期検診、そして分娩のために入院費用や分娩費用、個室代金など、お金もかかります。「厚生労働省保険局の出産一時金制度について」によると、「出産育児一時金」という制度によって、出産の際に42万円が(双子の場合はその倍)が加入している健康保険から支給されます。

しかし、その金額を引いても実際に診察や検診、入院中の差額ベッド代など、個人差はあるものの、負担額は約50万円になります。

記事に関するお問い合わせ