無料の会員登録をすると
お気に入りができます

島全体がパワースポット♡大人女子が選ぶべきバリ島のリフレッシュ旅

島全体がパワースポットと言われる人気リゾート地、バリ。一度訪れたことがある人も多いのではないでしょうか。観光スポットをたくさん巡るのもありですが、リゾートホテルでゆっくり過ごすのも◎。今回は心と体をリフレッシュさせる大人のリゾートホテルの過ごしかたを提案します。

撮影/増田智泰 取材・文/ロカリ編集部

旅行・おでかけ

ヌサドゥアのちょっとお出かけスポット

ザ・ムリアがあるヌサドゥアは高級リゾート地域。ホテル近辺でゆっくり過ごすのが基本ですが、万が一どこかに出かけたいときのためにヌサドゥアのちょっとお出かけ、お土産スポットを紹介します!移動は車をチャーターすることになり、12時間で7000円が目安です。チャーター会社はたくさんあるので、現地で調達することも可能。

ちなみに有名なキンタマーニ高原やウブド、テガララン ライステラスなど、遠出するなら1日がかりと考えて。欲張っていろいろ行くと疲れてその時間を味わえないことになりかねませんヨ。

ちょっぴりローカル感が味わえるパンタイ・ムンギット通り

ザ・ムリアからバリコレクションに行く道すがらにあるパンタイ・ムンギット通り。クタのショッピングストリートの超小型版のようですが、いくつか雑貨店や食堂があり、人気のアタバッグも売っていました。東南アジアならではの値切り方式でショッピングを楽しめます。

ショッピングが楽しめるバリコレクション

バリコレクションは巨大な屋外ショッピングモール。バリ雑貨なども売られていますが、残念ながら割高な印象。その中でも「これは買い!」なアイテムやオススメショップがあります。別記事で紹介しているので参考に♡ちなみにヌサドゥアの各ホテルーバリコレクション間は無料シャトルバスが運行しています。

これを買えば間違いない!いま喜ばれるバリ島お土産リスト

直行便なら7〜8時間で到着するとあり、海外のリゾート地のなかでも気軽さのあるバリ。女子旅や親子旅、カップル旅行とさまざまな楽しみかたができるとあって人気です♡今回はバリのおすすめお土産を紹介します! 撮影/増田智泰 取材・文/ロカリ編集部
1188

ちなみに今回の旅をアテンドしてくれたドンさんがバリコレクション内のカフェで日本人夫婦と遭遇。お話をしていたら「ムリア リゾート」に宿泊されているという偶然が! しかも、気に入って毎年ムリアに宿泊しているそうです。ムリアにリピーターが多いというのを目の当たりにして、「居心地いいもんね〜♡」と納得したのでした。

夕日とケチャダンスが名物のウルワツ寺院

バリ島の南西端の海岸沿い、水平線に沈む美しい夕日が見られるウルワツ寺院はバリ屈指のフォトジェニックスポット。ヌサドゥア地域から車で30分ほどで到着します。入場料はIDR20,000(約160円)。18時頃から伝統舞踊のケチャダンスが毎日行われていて、IDR70,000(約560円)で鑑賞できます。ちなみに野生のサルがいていたずらをするのでくれぐれも注意!この日もカメラマンさんがメガネを取られてしまい、エサをあげて返してもらいました。

バリに行くなら直行便のガルーダ・インドネシアが便利♡

今回のバリ旅行に選んだエアはガルーダ・インドネシア。成田・関空の両方から直行便が出ていて、フライト時間は約8時間。機内食はインドネシア料理と和食を選べました!ソックス、耳栓、アイマスクなどのアメニティーセットがあらかじめ席に配布されていて、安心感がありました。

日本発着便には日本人客室乗務員がいるので、言葉の不安もありませんでした。ANAとマイル提携しているのでマイルを貯めている人にもおすすめですヨ♡

ザ・ムリア、ムリア リゾート&ヴィラス - ヌサドゥアの公式ホームページはこちら!
ガルーダ・インドネシア航空の公式ホームページはこちら!
記事に関するお問い合わせ