無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10日でプリッと美尻♡お尻と太ももの境目をつくる「手軽な4ステップ」

美尻の持ち主に共通しているのは、お尻と太ももの境目がハッキリとしていること。垂れたお尻を放っておくと、どんどん太ももと一体化してしまいますよ。ここでは10日間で美尻を目指せるとっておきのメソッドをご紹介します。

2018年3月
美容

お尻、垂れていませんか?

お尻が垂れて、太ももと一体化・・・

最近お尻が垂れてきたかも・・・そう感じたら、思いきって鏡でしっかり確認してみて。お尻が垂れて線ができている、太ももとの境目が分からない。そんな状態になっていたら要注意です!

放っておいたらどんどんお尻と太ももが一体化してしまう一方。早いうちにお尻をケアしてあげることが大切ですよ。

今回は10日間で残念な垂れ尻から脱却するためのメソッドをご紹介します。早速、始めてみてください!

1.反り腰をやめる

まずは、垂れ尻をつくっている悪い癖の一つ「反り腰」をやめることが第一歩です!お尻を突き出し、腰を反る姿勢は、腰に負担をかけ、腹筋やお尻の筋肉を衰えさせてしまいます。

反り腰だと、お尻の穴にキュッと力をいれるのが難しいはず。それはお尻の筋肉が緩んでいる姿勢だからです。お腹に力を入れて、お尻の穴を締めて真っすぐ立つようにしましょう。

太い脚になる原因にも

反り腰を続けていると、太ももの筋肉にも負担をかかってしまい、太ももの前が張り出し、どんどん太くなっていくことに・・・。

反り腰は美脚の妨げにもなっているので、すぐに改善しましょう!歩き方もブサイクになってしまいますよ。

2.階段を上る

普段何気なく使ってしまっているエスカレーターを避け、階段を上るようにしましょう!この10日間はどんなに疲れていても階段をチョイスすること。階段を上る動作はヒップアップにとても効果的なんです。

ポイントは姿勢を正して、かかとを落とさないように上ること。脚をひきずるように上ってしまうとふくらはぎが張ってしまうので、注意するようにしましょう。

慣れてきたら一段飛ばしで!

スニーカーやペタンコ靴を履いている日なら、一段飛ばして上ってみて!お尻の筋肉がより使われているのが分かるはずです。

階段を上るのが苦でなくなってきたら、脚とお尻の筋肉がついてきた証拠ですよ。

3.スクワット1日30回×2セット

やっぱり取り入れて欲しいのは、お尻にダイレクトに効くスクワット。出来るだけゆっくりと腰を落とし、筋肉に効かせていきましょう。

回数をこなす必要はありません!1日30回×2セットずつ行っていきます。お尻が筋肉痛になったら1日空けてみてください。

正しいスクワットのポイント

・両足を肩幅より少し広く開く
・つま先はやや外側に
・膝が内側に入らないように腰を落とす
・背中を反ったり丸めたりしない
・膝がつま先より前にでないようにする

正しいフォームで行うことが何よりも大切です。一つ一つ確認しながら行ってみましょう。出来る方は、太ももが床と平行になるまで深く腰を下ろしてみて!

4.ヒップリフト1日30回×2セット

もう一つ取り入れて欲しいのが、ヒップリフト。お尻を持ち上げることで、お尻の筋肉はもちろん、腹筋や背筋も刺激されます。骨盤底筋の強化にも役立つと言われているメソッドです。

こちらも1日30回×2セット行いましょう。スクワットより難易度が低いので、運動が嫌いな人でも取り入れやすいはず。

やり方をチェック!

①膝を立てて仰向けで寝る。脚は腰幅より気持ち広めに。
②両手は手の平を下にして、身体の横に置いておく。
③恥骨を突き出すように腰を持ち上げ、膝の頭から鎖骨まで一直線になるように。
④上げきったら1~2秒動きを止める。
⑤ゆっくりと床すれすれまで下ろす。
⑥腰の上下を繰り返す。

腰を反ってしまわないように注意!身体が一直線になることを意識しましょう。

4ステップで魅せるお尻に♡

垂れ尻から卒業できると、自分にもっと自信が持てるようになります♡難しく考えず、まずは10日間、この4ステップにチャレンジしてみてはいかがですか?嬉しい変化が待っているはずです。

記事に関するお問い合わせ