無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアやファッションで使える!「色のイメージ・色彩心理」大全集

日常で「色」を選ぶシーンはたくさんありますよね。インテリアを考えるときに、新しい服を買うとき…など。どの色を選ぶかで印象というのは大きく変わるんです。そんな色を選択するときに参考にしたい、「色のイメージ」やそれぞれの色の「おすすめ活用シーン」について徹底解説します。

2018年3月
ライフスタイル

この色はどんなイメージ?

与える印象はそれぞれ違う

色が人に与える印象というのは、それぞれ異なります。赤、青、黄色、黒…どれも色から感じるイメージは異なりますよね。上手に色を取り入れることで、インテリアやファッションでもそのイメージを活用できます。

Photo by Aaron Burden / Unsplash

「どんな色が良いかな?」と迷ったときには連想されるイメージから選ぶのも一つの手。そこで、今回は色が持つイメージや心理的な意味について詳しくご紹介します。

ポジティブイメージは「活動的」

生命・勇気・活動的・情熱的・衝動的・刺激的・女性らしさ・愛情・恋

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

赤は生命力を感じる色なので、能動的に活動するようなイメージを持たれやすいです。また、コーデの中に赤を取り入れると一気に女性らしくなるように、「女性的」と感じられる色でもあります。さらに「愛情」や「恋」といった恋愛のイメージも赤と結びついています。

ネガティブイメージは「怒り」

怒り・破壊・暴力・危険・残酷

Photo by Andrew Haimerl / Unsplash

活動的なイメージのカラーだからこそ、そのパワーが強く「怒り」「破壊」「暴力」といったイメージにもつながるようです。また警告にも使われる色なので「危険」なイメージもあるかもしれませんね。また、血を連想して「残酷」と受け取る方もいるようです。

活用シーン「意欲的になりたいときに」

意欲的・暖かみを感じる・食欲増進・時間の経過が早く感じる・気分を高揚させる・闘争心を駆り立てる・積極的になる・リーダーシップを取る・目を引く

赤は前向きで意欲的になれるカラーなので、「今日は頑張りたい」という日におすすめ。仕事で重要なプレゼンがあるとか、スポーツで結果を出したいときなどにぴったりです。ぱっと目を引くカラーなので、目立たせたいときにも使えます。

ピンク

記事に関するお問い合わせ