無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアやファッションで使える!「色のイメージ・色彩心理」大全集

日常で「色」を選ぶシーンはたくさんありますよね。インテリアを考えるときに、新しい服を買うとき…など。どの色を選ぶかで印象というのは大きく変わるんです。そんな色を選択するときに参考にしたい、「色のイメージ」やそれぞれの色の「おすすめ活用シーン」について徹底解説します。

2018年3月
ライフスタイル

活用シーン「友好的な人間関係を築きたいとき」

食欲促進・親しみがある・思いやりがある・陽気に見せる・パワフルさを感じる・活動的に・緊張を和らげる

オレンジは食欲を促進させるので飲食店などで使われています。また親しみや思いやりがあるように見えるので、人間関係をスムーズにしたいときなどに活用しても良さそうです。緊張感を和らげたいときにも。

黄色

ポジティブイメージは「快活」

好奇心・向上心・知識・幸福・軽快・活発・陽気・カジュアル・華やか・酸っぱい

Photo by Brooke Lark / Unsplash

黄色は最も明るい色です。その明るさはイメージにもつながっています。陽気で活発なイメージがあり、メンタルでは好奇心や向上心といった前向きな雰囲気に。黄色があるだけで華やかさもあります。レモンを連想するのか「酸っぱい」というイメージにもつながっているようです。

ネガティブイメージは「注意」

イライラ・注意・弱い・不安

Photo by Goh Rhy Yan / Unsplash

黄色は多すぎると刺々しいイメージになってしまいます。目立つ色なので、注意するマークに黄色が使われることもありますね。

活用シーン「能力UPに」

集中力UP・判断力UP・記憶力UP・気持ちを明るく・注意を促す警戒色

Photo by Estée Janssens / Unsplash

黄色は集中力などを高めてくれるカラーなので、能力を発揮したいときに活用すると良さそうです。元気に明るく過ごしたいなというときにも黄色を身につけると良いでしょう。

ポジティブイメージは「自然」

穏やかさ・調和・自然・環境・回復・平和・バランス・協調・安定

記事に関するお問い合わせ