無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアやファッションで使える!「色のイメージ・色彩心理」大全集

日常で「色」を選ぶシーンはたくさんありますよね。インテリアを考えるときに、新しい服を買うとき…など。どの色を選ぶかで印象というのは大きく変わるんです。そんな色を選択するときに参考にしたい、「色のイメージ」やそれぞれの色の「おすすめ活用シーン」について徹底解説します。

2018年3月
ライフスタイル
Photo by Studio Dekorasyon / Unsplash

自然を見渡すとグリーンが溢れているように、緑はナチュラルさ連想させる色です。自然の中に入ると癒やされるように、緑も癒やしを感じます。「バランスを取れている」「協調性がある」「安定している」といったイメージにもつながっているようです。

ネガティブイメージは「未熟」

受動的・保守的・未熟

Photo by Brigitte Tohm / Unsplash

緑は調和を大切にする色だからこそ、それが受動的や保守的だと見られてしまうこともあるようです。また、緑の若々しい色味が未熟に見えてしまうのかもしれませんね。

活用シーン「癒やされたい」

落ち着く・集中力UP・癒やし・リラックス・協調性

穏やかさを感じさせたいときは緑を身につけましょう。癒やされたい、リラックスしたいというときも、緑色の環境に身を置くと◎。

ポジティブイメージ「誠実」

平和・安全・冷静・誠実・公平・清潔・若い・爽やか・安息・夏・開放感・男性的

青は誠実なイメージが強いカラーなのでビジネスでもよく使われています。爽やかさもあり、季節でいうと夏のイメージを持たれることが多いようです。

ネガティブイメージは「冷酷」

デリケート・失望・寂しさ・不安・憂鬱・冷酷

青は冷たさを感じる寒色なので、「冷酷」など精神的な冷たさを感じさせてしまう色でもあります。

記事に関するお問い合わせ