無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアやファッションで使える!「色のイメージ・色彩心理」大全集

日常で「色」を選ぶシーンはたくさんありますよね。インテリアを考えるときに、新しい服を買うとき…など。どの色を選ぶかで印象というのは大きく変わるんです。そんな色を選択するときに参考にしたい、「色のイメージ」やそれぞれの色の「おすすめ活用シーン」について徹底解説します。

2018年3月
ライフスタイル

活用シーン「気持ちを落ち着ける」

興奮を抑える・涼やか・爽やか・知的・知性・冷静・食欲をコントロール

Photo by Markus Spiske / Unsplash

冷静でいたいとき、知的に見せたいときには青色を身につけるのがおすすめです。青を見ると食欲が抑えられるので、ダイエットにも取り入れられそう。

ポジティブイメージは「高貴」

高貴・優雅・魅力的・非現実的・霊的・神秘・永遠・古風・エレガント・エキゾチック・中性的・欲

Photo by Gaetano Cessati / Unsplash

紫は上質なイメージのある色である一方で、神秘的で霊的といった非現実的なイメージもあります。女性らしい赤と男性らしい青の中間色なので、中性的という雰囲気を持たれるようです。

ネガティブイメージは「二面性」

はしたない・哀れ・意地悪・心配・二面性

Photo by Jingwei Ke / Unsplash

赤と青という強いカラーの組み合わせで、どちらも個性ある色味なので二面性があるといったイメージにもつながるようです。強いカラーで目立つため、悪いイメージにつながってしまうこともあります。

活用シーン「感性を高めたい」

豊かな想像力・感受性を高める・癒やし・性的なものを感じさせる・内向的・不明瞭

Photo by Sasha Freemind / Unsplash

紫は感性を刺激する色なので、インスピレーションを沸き立たせたいときにおすすめです。セクシーさやミステリアスさも引き出す色なので、いつもと違った雰囲気を醸し出したいときに取り入れましょう。

ブラウン

ポジティブイメージは「安定」

温もり・やすらぎ・安心・安定・温和・穏やか・堅実・自然・秋・渋い・重厚・自然・素朴・大地・伝統・力強さ

Photo by Maxime Berton / Unsplash
記事に関するお問い合わせ