無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運動すると疲れる…そんな疲労を軽減!?運動前後のストレッチのコツ

子供の頃から当たり前のように行っていた準備体操と整理体操の目的を知っていますか?実は、それぞれ違う目的があるんです。運動を習慣にしている人も、たまに運動をする人も、ポイントを押さえてストレッチを行えば、身体が動かしやすく、また疲労を残しにくくなるので、ぜひチェックしてみてください。

美容

腰回りに効く「ツイストストレッチ」

1. 仰向けに寝転び、両手を広げる。
2. 片脚を立てたら膝を内側に倒す。同時に顔は膝と反対に向ける。
3. そのまま10秒間キープしてゆっくりと(1)の状態に戻す。
4. (1)~(3)を5回繰り返す。反対の脚も同様に5回行う。

腕と肩の後面に効く「アーム・プル」

1. 片腕を胸の前で伸ばす。肘あたりにもう一方の腕を添え、抱え込むようにしてゆっくりと手前に引く。
2. (1)の状態を20秒をキープ。左右3回ずつ繰り返す。

腕と肩、背中に効く「エルボー・プル」

1. 顔は前を向いたまま背筋を伸ばし、両腕を上げる。頭のうしろで片方の肘を掴み、ゆっくり下へ押す。
2. (1)の状態を20秒をキープ。左右3回ずつ繰り返す。

運動後のストレッチは、血行を促しながら徐々に筋肉をクールダウンさせることが大切。簡単な静的ストレッチでも十分に回復を早められます。筋肉痛を軽くするためにもぜひ取り入れてください。

photo / Shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ