無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつものから揚げをスパイシーに! 香り豊かな「とりのシナモンから揚げ」

レシピ

人気メニューながら、いつも同じような味になりがちなとりのから揚げ。塩味やしょうゆ味、ころもに青のりを混ぜた磯辺揚げなどを作ってみたものの、もっと新しいテイストのから揚げに出会いたい! と思う人もいるのでは?

今回は、下味にシナモンを使った「とりのシナモンから揚げ」を紹介します。シナモンといえばアップルパイやクッキーといったお菓子に使うイメージがありますが、実はとり肉との相性もばっちり。甘くやさしい香りと、ふんわりと漂うスパイシーな風味がたまりません。晩ご飯のメインディッシュやお弁当のおかずとして活用してくださいね。

とりのシナモンから揚げ

【材料・2人分】

とりもも肉 大1枚(約300g)、漬けだれ(しょうゆ、みりん 各大さじ1と1/2、粗びき黒こしょう 少々)、シナモンパウダー 小さじ1、レタス 1/4個、片栗粉、揚げ油

【作り方】

1. とり肉は余分な脂を除き、一口大に切る。

2. バットに漬けだれの材料を入れ、1、シナモンパウダーを加えてよくもみ込み、約10分おく。下味はしょうゆ、みりんの定番に加え、シナモンで香りづけし、やみつきの味わいに仕上げる。

3. レタスはせん切りにし、水にさっとさらしてざるにあけ、水けをきる。

4. 2のとり肉の汁けをきり、とり肉に厚みが出るように(平らにならないように)形を整えながら、片栗粉をまんべんなくまぶす。

5. 揚げ油を中温(約170℃)に熱し、4を約3分揚げる。一度引き上げ、約3分休ませてからさらに約1分、網じゃくしで油を混ぜながらカラリと揚げる。二度揚げするから下味で焦げつくこともなく、ジューシーさを保った揚げ上がりに。一度揚げたものを休ませて余熱で火を通し、二度揚げでは空気を含ませて余分な水分を出す。

6. 器に3のレタスを敷き、5を油をきってのせる。好みでレモンを添えても。

(1人分439Kcal、塩分1.2g)

揚げものの油をきる時は、バットの上に網やキッチンペーパーを置いて食材を並べます。この時、揚がったものを重ねずに立てておくのが大切。余分な油分を落としきり、中はふっくらジューシー、外はカリっとした食感に仕上げましょう。

詳しいレシピはこちら!

とりのシナモンから揚げ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ