無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[おうちカフェレシピ]うまみたっぷりの食事系パウンド「ひじきのケークサレ」

フードコーディネーターの小山玲奈です。今回はフランス生まれの塩気のあるケーキ、ケークサレのレシピをご紹介します。私はよくケークサレを作るのですが、今回はうまみたっぷりのひじきが入ったケークサレを作ってみました。おやつや朝食にもぴったりですよ。

小山玲奈

レシピ

【本日のレシピ】うまみたっぷりのひじきのケークサレ

水分はひじきの戻し汁を使用し、他の食材も玉ねぎとベーコンを使っているのでどこをとってもうまみがたっぷりのケークサレのレシピです。噛めば噛むほどうまみが感じられます。

材料(パウンド型1台分)

薄力粉……150g
ベーキングパウダー……4g
卵……2個
きび砂糖……20g
塩……ふたつまみ
サラダ油……50g
玉ねぎ……50g
ベーコン……2枚
戻したひじき……20g
ひじきの戻し汁……50g
粉チーズ……20g

下ごしらえ

・薄力粉とベーキングパウダーはふるっておく。
・パウンド型にクッキングシートを敷いておく。

作り方

1. 玉ねぎはスライス、ベーコンは1cm角に、戻したひじきは刻んでおく。切った食材をサラダ油で炒めて塩こしょうをふる。
2. 卵をときほぐしたらサラダ油、きび砂糖、塩、ひじきの戻し汁、粉チーズの順に加えて混ぜる。
3.2にふるった粉を3回くらいに分けて加えて混ぜ、1の炒めた具も加えてざっくり混ぜたら、型に流して180度に予熱したオーブンで30分焼いて出来上がり(※ガスオーブンの場合)。

愛媛県・弓削島の食材で作ったケークサレ

今回ご紹介したひじきのケークサレは、私の師匠がよく作っていたものです。食べたことはあったのですが詳しいレシピは私の手元にはありませんでした。どうしても再現したくて、師匠の作ったケークサレの写真をアップにしてどんな具が入っているか凝視してみたり(笑)。

ひじきと塩は、愛媛県上島町の弓削島から取り寄せたもの使用しているのですが、それも師匠のこだわり。この材料だから引き出せる味があります。試作を何度もして、やっと師匠の味に近づけたような気がします。おかげでこのレシピで作ったケークサレをイベントで提供したところ大好評でした。

もちろん、スーパーに売っているひじきとお塩でもおいしく作れます。もしくは、ご自身でこだわりのあるお塩などがあればそれを使うのももちろんいいと思います。塩気のあるお食事系のケーキなので、甘いものが苦手な人へのプレゼントや手土産にもおすすめです。ぜひ試してみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ