無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットや肩こりにも♡「深呼吸」するだけで得られる驚きのメリット10

いつも無意識のうちにしている呼吸。深くゆっくりと呼吸することで、体にうれしいメリットがたくさんあることをご存知ですか?ダイエットやリラックス効果もある、「深呼吸」のメリットについて解説します。

2018年3月
ライフスタイル

「深呼吸」は体に良い♡

息をスーハーするだけの超簡単健康法

いつも何気なくしている呼吸。実は、深くゆっくりと呼吸することが体に良いと知っていましたか?「深呼吸」にはうれしいメリットがたくさんあるのです。

そこで今回は、正しい「深呼吸」の仕方から、うれしいメリットまで詳しく解説します。

体に良い「深呼吸」のやり方

方式は「腹式呼吸」

呼吸には息を吸って肺を膨らませる「胸式呼吸」と、息を吸ってお腹を膨らませる「腹式呼吸」の2種類あります。深呼吸では「腹式呼吸」をしましょう。

①姿勢は背筋を伸ばして

しっかり空気を体に取り込めるように、背筋は伸ばして。立っても、座っても、仰向けになってもOKです。

②体の中の全ての空気を出すように、口で息を吐く

体の中にある全ての空気を出し切るように、口で息を吐きます。10秒くらいかけてゆっくりと。このとき、お腹を少しずつへこませましょう。

③鼻で息を吸いながら、お腹を膨らませる

鼻で深く息を吸います。このとき、吸った空気をお腹にためる気持ちで、お腹を膨らませて。

④ゆっくりと口で息を吐きながら、お腹をへこませる

また口で息をゆっくりと吐いて、少しずつお腹をへこませます。また10秒くらいかけてゆっくりと。

⑤10回ほど繰り返す

これを10回ほど繰り返しましょう。こんなに簡単にできる深呼吸にはどんなメリットがあるのかもご紹介します。

深呼吸の10のメリット

1.自律神経を整えて心も体もリラックス

深呼吸をすると、自律神経のうち副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると、筋肉が緩み、血管も広がり、体も心もリラックス状態になるのです。

疲れたなと感じるとき、イライラするとき、ストレスがたまっているとき、緊張感や不安感があるときなどに、深呼吸をすると落ち着きます。

2.安眠を導く

寝ている間も副交感神経が優位になり、体や脳が休息しやすい状態になっています。体のリズムとして、22時~翌日2時は副交感神経が優位になりやすく、自然と眠くなる時間帯です。

ところが、生活リズムが崩れると自律神経も乱れて、交感神経優位の覚醒状態が続いて、夜遅くなっても眠りに入りにくくなってしまいます。そこで眠る前に深呼吸。

ゆっくりと深呼吸をすることで副交感神経が優位になり、眠気を導くことができるのです。

3.血行を促進する

自律神経のうち交感神経が優位だと、筋肉が緊張して血液のめぐりが悪くなってしまいます。深呼吸をして副交感神経が優位になれば、筋肉の緊張を和らげて、血行も良くなるのです。

血液は体に必要な酸素や栄養を送り届けてくれます。血行が良好だと体の健康にもつながるということですね。

4.冷え性・むくみ改善

深呼吸で血行が良くなれば、全身に血液が巡るので冷え性改善にもつながります。血流や冷え性の改善により、むくみの解消も期待できます。女性が悩みがちな冷えやむくみも深呼吸で解決しましょう。

5.便秘改善

深呼吸をすると、お腹を膨らませたりへこませたりして横隔膜を動かし、内臓の刺激することになります。すると胃腸が活発になり、便秘を改善することもできるんです。

また、副交感神経が優位になっているときに、腸内活動は行われます。深呼吸をして自律神経を整えることも、便秘改善に役立つのです。

6.疲労回復のスピードアップ

深呼吸をすると体にたっぷりと酸素が入ります。その酸素を全身に送り届けることで、細胞が活発に働き、疲労回復も早くなるんです。

また、深呼吸をして体がリラックス状態になるのも、疲労回復をスピードアップさせることにつながります。疲れたときにも深呼吸しましょう。

7.肩こり・首こりも改善

デスクワークなどで肩こりや首こりに悩まされている方も深呼吸。副交感神経が優位になることで、凝り固まっている肩や首なども筋肉の緊張が和らいでほぐれます。

8.ダイエットにも呼吸が大切

深呼吸で便秘が改善されればぽっこりお腹も解消。自律神経が整うことで、体の働きを正常にして、ダイエットのサポートにもなります。メンタルも安定して、ダイエット中のイライラやストレス減少にもつながるでしょう。

また、お腹を膨らませてへこませてという腹式呼吸の繰り返しをすることで、インナーマッスルも鍛えられます。特にお腹痩せを目指したい方は、深呼吸でダイエットのサポートをしましょう。

9.毒素を排出して美肌につながる

毒素とは、疲労物質や体を老化させる活性酸素、悪玉菌が作り出す腐敗ガスなど体の中に溜まった有害物質のことをいいます。不要な毒素は、にきびや肌荒れの原因にもなってしまいます。

体外に排出するためには、体の巡りが良い=血流が良いことが大切。血液が腎臓を通り、濾過することで老廃物を出して尿として毒素が排出されるからです。

深呼吸をすると血行が良くなるというのは先述しましたよね。つまり、深呼吸をすることは毒素の排出にも良いので、肌の健康を導く手助けもできるのです。

10.痛みを和らげる

深呼吸をして、心を安定させることでエンドルフィンというホルモンが分泌されます。エンドルフィンというのは、幸せを感じるホルモンです。痛みを和らげる作用もあります。

転んだりぶつかったりして痛みを感じた時は呼吸が浅くなりがち。そんな時はゆっくりと深呼吸をすれば、痛みが和らぐかもしれません。とはいえ、軽度の場合のみとし、痛みが激しかったり持続したりする場合は、早めに病院に行って診察をしてもらいましょう。

あなたの日常にも深呼吸を

深呼吸は体の健康を導くのに役立ちます。日頃から深呼吸を意識して、心と体を健康に導きましょう。

記事に関するお問い合わせ