無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お気に入りを20年履ける靴に!プロが伝授する正しい靴の磨きかた

気に入って履いている靴、お手入れしたことありますか? スニーカーは汚れたら洗えば良いけれど、革靴は磨いたことがない人もいるかもしれません。そこで、革靴のお手入れの仕方を靴磨き職人・堂薗顕史さんに教えてもらいました。

撮影/田川智彦 取材・文/ロカリ編集部

2018年3月
ライフスタイル

靴のお手入れしてますか?

「お洒落は足元から」。使い古された言葉だけど、靴ってつい目に入るもの。履きつぶされた靴から感じられるのは、その人の愛着か無頓着かはたまた無精か…。本人は「良い味が出てきた」と思っていても、他人からはボロボロだと思われていることも。

「『革の味が出てきた』と言いますが、革の味はお手入れしていないと出てきません」というのは、レザーメンテナンスの専門店「麗靴堂(れいかどう)」の店主を務める堂薗顕史(どうぞのあきひと)さん。人工皮革を履いているとムレますが、本革はムレにくいのは靴が呼吸をしているからなのだとか。つまり、革は保湿したり、栄養をあげる必要があるのです。

靴が傷む原因は?

靴のお手入れの前に、なぜ靴が傷むのかを教えてもらいました。どれもやりがちなことばかりなので、やらないように気をつけましょう。

①雨の日に履いている

靴が傷む一番の原因と言われるのが、雨の日に履くこと。一度雨ジミができてしまい時間が経過すると、元に戻せないこともあるのだとか。「雨の日はレインシューズを履くか、雨の日用の靴を購入するといいですよ。本革でもゴム底で雨の日に履ける靴もあります」。

②同じ靴ばかり履いている

同じ靴ばかり履いていると傷みやすいとよく聞きますよね。その理由は大量の汗をかく割に蒸発しにくいから。汗には水分だけでなく塩分も含まれているので、放っておくと革や布が傷んでしまいます。堂薗さんによると、「1回履いたら1週間は休ませたほうがいい」とのこと。

③1年以上履いていない

毎日履くのもよくないけれど、逆に履かな過ぎるのもNG。乾燥して革が硬くなったり、ヒビ割れたりする原因に。「フルシーズン履けるものは1ヶ月に1回は履いてほしいですね」と堂園さん。サンダルやブーツなど季節性のある靴は、基本のお手入れをすればOK。基本のお手入れについては後述します!

④靴が足に合っていない

意外と多いのが足に合っていない靴を履いていること。特に大きいサイズを履いていると、変なところに力が入ったり、足が靴の中で泳いだりして、革が傷みます。ジャストサイズを選ぶようにしましょう!

お気に入りを長く履きたいならお手入れ必須!

こちらは10年前に購入したビルケンシュトックのパリというモデル。夏は裸足でサンダル的に、冬はタイツに靴下の重ねばきでフルシーズン履いていた時期もあり、つま先のあたりが擦り傷だらけ。最近はあまり履いていませんが、履きつぶしている割にはイマイチ革の風合い、いわゆる“味”が出ていません。

「革は肌と同じように呼吸をしているので、汚れを落としたりクリームで水分や油分を補ってあげたり、お手入れが必要なんです。きちんとお手入れしてあげると10年以上は履けますよ」と堂薗さん。その代わり、お手入れしないと乾燥してひび割れができ、革が硬くなって履き心地が悪くなるそう。

記事に関するお問い合わせ